カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. 進行後 >
  6. 肥満体型+痛風は糖尿病になりやすい!糖尿病を併発しないために

生活習慣病

肥満体型+痛風は糖尿病になりやすい!糖尿病を併発しないために

 

痛風は進行すると、様々な合併症を発病する危険がある病気です。併発する可能性のある病気の中には糖尿病があります。そして糖尿病もまたさまざまな合併症を発病する危険のある病気ですので、予防策を講じなければ連鎖的に病気を発病してしまいます。

 

 

痛風と糖尿病の共通点

痛風も糖尿病も一度発症すると治らない病気とされており、発病した後は一生付き合っていかなければなりません。また、痛風になりやすい人と糖尿病になりやすい人は似ています。糖尿病になりやすい人の特徴は以下のようになります。

過食

早食い

肥満

脂っこいものが好き

甘いものが好き

間食をする

運動不足

ストレスを受けやすい環境にいる

これらの特徴は痛風患者の特徴に非常によく似ています。そのため、痛風だと診断された人はこれらの特徴をすでに持っているので、改善を行わないと簡単に糖尿病を併発してしまうかもしれません。

 

糖尿病を併発しないために

痛風から糖尿病を併発しないためには、肥満体型解消のために食生活の改善を行います。食生活の見直しは痛風・糖尿病どちらにも共通する治療になります。 

とりわけ糖尿病対策として気をつけたいのは、脂っこいものを控えることです。脂肪の多い食品を避けて、摂取エネルギーをコントロールすることで体重を適正にもどし、糖の代謝異常をさせないようにしなくてはなりません。そして適度に体を動かして余分なエネルギーを消費するようにします。

 

 

糖尿病を併発すると腎機能障害や神経障害などさまざまな病気のリスクが、痛風単体のときよりもグンと上がります。自分の体の危険信号には早めに対処してあげたいですね。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/11/18-352938.php?category=33])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

進行後に関する記事

尿酸は本当に悪いトコロだけしかない?意外!痛風でアルツハイマーの発症率が減る?

  痛風のイメージから、どうしても尿酸やプリン体というのは、「悪いもの」として...

偽痛風の予防に可能性!○○の働きを高めることで痛風発作を予防できるかもしれない!

  痛風発作の予防というと、生活習慣に気をつけるように言われると思います。しか...


偽痛風はなぜ起こる?偽痛風発作の発症を予防する手段を知りたい!!

  高齢になると偽痛風の発症が多くなります。一度偽痛風の発作を発症すると、痛風...

痛風の発症から腎臓の機能がなくなるまで…放っておくと人工透析や腎臓移植が待っている!?

  痛風は生活習慣病のひとつとされています。その名のとおり不摂生や不規則な生活...

カラダノートひろば

進行後の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る