カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 予防 >
  4. 食生活 >
  5. 野菜・果物は食道がんの予防効果が高い!?がんを予防する食事

ガン・悪性腫瘍

野菜・果物は食道がんの予防効果が高い!?がんを予防する食事

fruits-61896_640.jpg

がんを予防する食事というと、特別なものを思い浮かべる方もいるでしょう。
実際にはそれほど特別なものではなくても、がん予防の手助けとすることができます。
その一つが、野菜や果物を利用する、という方法です。

●野菜・果物は食道がんの予防効果が高い

日本国内で行われた研究で、野菜・果物の摂取が食道がんのリスクを効果的に下げることがわかりました。
野菜や果物を、普段の摂取量よりも1日あたり100g多く摂取することで、食道がんのリスクは10%程度低減します。
喫煙、飲酒を行っている人は、アブラナ科の野菜を摂取することで、それらを摂取しない場合に比べて食道がんのリスクを減らすことができます。

●ヨーロッパでの研究結果

ヨーロッパでは、10か国の研究者が50万人近い人数を対象とした研究を行いました。
この研究によって、野菜と果物の摂取量が1日あたり200g増えるごとに、がんのリスクが3%低減するということがわかりました。
果物よりも野菜の方が、がんのリスクとの関係性が高いということも研究結果として発表されています。

●飲酒・喫煙の方ががんと関係が深い

国内外の研究によって、野菜や果物はある程度がんのリスクと関係があるということがわかりました。
しかし飲酒や喫煙ほどの明確な関連性がある、とまでは言えないということがはっきりしています。
現時点で過度の飲酒、喫煙をしているのであれば、野菜や果物を摂取するより、飲酒と喫煙の習慣を見なおした方ががん予防には効果的です。


(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/17/12/40/fruits-61896_640.jpg)

著者: yurikoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

食べるだけでガン予防!さらに発生したガンを外に出す!驚異のブロッコリースプラウト

最近注目を集めている食材に「ブロッコリーの新芽」があります。 これに「ガン予防...

がん予防には特定のものよりも「野菜全般」「果物全般」

  がんの発生に関わっているのはひとつの要因だけではありません。遺伝的要因が指...


免疫強化・がん予防に☆【舞茸と玉ねぎのにんにく炒め】レシピ

舞茸には、カリウム、亜鉛、ビタミンD、食物繊維、多糖類と様々な栄養成分が含まれて...

食物繊維で大腸がんを発症させない!予防効果について

  がん予防として第一に言われるのが、食生活を正しくすることです。がんが気にな...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る