カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 食事・レシピ >
  5. 食事療法の5つのポイント

生活習慣病

食事療法の5つのポイント

 

痛風は体内の尿酸値をいかにコントロールできるかによってその後の経過が大きく変わります。尿酸値をコントロールするには何よりも食生活が適正であるかどうかがカギになります。 

 

 

痛風食事療法のポイント

食べ過ぎない

バランスよく食べる

プリン体をとりすぎない

塩分を控える

3食しっかり食べる

 

イメージとしては一番目に「プリン体をとりすぎない」の項目が来ると思うのではないでしょうか?確かに少し前までは尿酸の素となるプリン体の摂取制限がかなりうるさく言われていて、メディアやビールなどの宣伝に使われることも多くありました。しかし最近では食事からとったプリン体がそのまま尿酸値上昇に直結しないということが分かってきています。そのためプリン体を最重要課題において食事療法を進めることがなくなってきています

 

プリン体に代わって、痛風の食事療法で最も大切だとされているのは「食べ過ぎない」ということです。というのは痛風患者の大半が肥満体型であることに起因します。肥満の状態は体内の尿酸の排泄を抑制してしまうため、体内で生成される尿酸の量が適切であっても尿酸値を高くしてしまうからです。自分の身長や体格に合った体重で、それに見合ったエネルギーを摂取することが基本であり、前提であるということです。

 

 

痛風になってからも自分好みの食事を変えないでいると、あとで様々な合併症状に苦しむことになります。痛風になってしまったらまずは食事療法で、健康の土台を作りましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/03/08-358818.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事・レシピに関する記事

痛風でもOK!アルカリ性の食べ物を摂取しよう!

痛風になると食事の楽しみが減ってしまうと思っている方も多いようです。実際、レ...

食事療法継続のための選択肢…宅配食に頼って健康的な食事療法を!

  痛風の食事療法は「プリン体の多いものを避ける」「動物性たんぱく質を避ける」...


痛風の方に☆プリン体オフのレシピ☆ワカメとトマトのサラダ

    ワカメなどの海藻類や、トマトの野菜のアルカリ性食品は、尿の酸化を防ぎ...

夏のビールにはご用心!夏にビールを飲んでも痛風発作を起こさないためには?

  夏と言ったらビールがおいしいですね。若いときには特に何も考えず美味しいビー...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る