カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 食事・レシピ >
  5. プリン体を気にしながらバランスのとれた食事

生活習慣病

プリン体を気にしながらバランスのとれた食事

 

「プリン体をとりすぎると痛風になる」というのは聞いたことがあるかもしれません。現在は昔ほどプリン体の摂取制限は厳しくなく、基本的な食事のとり方に重点を置かれていますが、それだからと言ってプリン体の摂取量を気にしなくてよいわけではありません。自分が普段よく食べる食材にどれくらいのプリン体が含まれているかを知ることは痛風の食事療法に置いて重要なことです。

 

 

プリン体の1日の摂取目安は400mg以下です。これを目安に以下の食材を見ていってください。

 

肉を多く食べる人

鶏レバー60g中に89mg

豚レバー60g中に77mg

牛レバー60g中に61mg

鶏砂肝60g中に40mg

鶏ささみ80g中に54mg

鶏手羽80g中に48mg

豚ひれ肉80g中に42mg

牛もも肉80g中に38mg

 

魚を多く食べる人

かつお100g中に90mg

するめいか100g中に89mg

かき56個で80mg

にしん約1尾で78mg

真あじ約1尾で72mg

生さんま約1尾で68mg

真だこ100g中に57mg

真いわし60g中に56mg

まぐろ赤身80g中に54mg

たらこ約1腹で45mg

 

内臓系や魚卵は特にプリン体が多く、摂取する際は気をつけたいところです。そして意外なところでは納豆なども割合プリン体の量が多く約1パックで57mgです。さらに怖いのはラーメンで、汁まで含めるとプリン体の量は測定不可になるそうです。ただ、普段の食事のバランスが優先されますので、これらの食材をまったくとらないわけにはいきません。

 

 

一日のプリン体の摂取目安は400mg以下です。

これらの食材が食事の中心にならないよう、野菜や乳製品を食事に多く取り入れてみましょう。 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/12/30-032303.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事・レシピに関する記事

〇〇を食べると痛風発作のリスクが下がる!痛風に期待されるフルーツってなに?

  フルーツが健康に良いというのは聞いたことがあると思います。では、あるフルー...

痛風の治療は尿をアルカリ性にすること!?その理由と対策

痛風と尿酸は関係有ることは知っている!という人は多いように思います。では、痛...


アルコールを飲んで痛風予防!?お酒の中には痛風予防成分「エラグ酸」がある!

お酒を飲んで痛風を予防できると言ったら、胡散臭いと思いますか?何とも虫のいい...

痛風の方に☆プリン体オフのレシピ☆ワカメとトマトのサラダ

    ワカメなどの海藻類や、トマトの野菜のアルカリ性食品は、尿の酸化を防ぎ...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る