カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 食事・レシピ >
  5. 実は大豆はプリン体が多い?!メリットとデメリットを比較!

生活習慣病

実は大豆はプリン体が多い?!メリットとデメリットを比較!

 

大豆製品にはプリン体が多く含まれていると言われています。しかし、ときどき大豆そのものが痛風を改善する食品として挙げられている場合があります。これはどういったことなのでしょうか?

 

痛風と大豆製品の関係について知っておきましょう。 

 

和食に多い大豆食品 

私たちの身の回りに大豆製品はたくさんあります。大豆をそのまま食べるときもありますし、味噌やしょうゆ、納豆、豆腐、豆乳と日本人の食生活に深く根付いているのが大豆製品です。健康イメージの強い食材ですから、健康維持のために積極的に摂取している人も多いのではないでしょうか?

 

大豆が痛風改善に効くと言われる理由

痛風改善に効く食材は野菜を中心にたくさんあります。それらがなぜ痛風に効くと言われているかというと、尿をアルカリ性にする作用があるからです。尿がアルカリ性に保たれていると痛風の原因である尿酸が体外へ排出されやすくなります。

 

大豆にはアルカリ化の作用があるため、痛風改善に効く食材として挙げられるのはそのためです。

 

プリン体が多いのも事実

痛風に効く作用がある一方、大豆製品にプリン体が多いのも事実です。では大豆製品を食べていたら健康になれないのか?というとそうではありません。

 

確かにプリン体の過剰摂取は痛風を引き起こす原因になるとされています。しかし、プリン体自体は摂取したものが体内にたまるもののすべてではなく、多くは代謝などによって体内で生成されます。

 

食事でプリン体を制限することも必要ではありますが、それだけで体内のプリン体の量が極端に減るわけではありません。

 

バランスよく取り入れよう

大豆製品は痛風の合併症を考えれば、むしろそれらの予防に適しているとされる食品です。健康食品と言われるだけあって栄養面では非常に優れている食品です。過剰に食べ過ぎることがなければいいことですので、神経質に大豆製品を排除する必要はありません。

(Photo by://www.ashinari.com/) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事・レシピに関する記事

コーヒーブレイクが尿酸値を下げる!?~痛風の食事療法~

「コーヒーに尿酸値を下げる効果があるかもしれない」という説があります。毎日のコ...

食事療法の5つのポイント

  痛風は体内の尿酸値をいかにコントロールできるかによってその後の経過が大きく...


痛風は食事で治すことができる?!プリン体と食べ物に注意!

痛風とは、尿酸が身体の中にたまってそれがかたまり、関節痛をともなう激しい痛み...

痛風の食事療法「透析食」とは?栄養療法はどうやったらいいの?

痛風には、食事療法がつきものです。 透析食や療養食にはどんな食材を使い、ど...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る