カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 予防 >
  5. 夏は特に注意!痛風

生活習慣病

夏は特に注意!痛風

 

夏は痛風の発作が出やすい時期です。実際に痛風を患っている患者さんの中にも夏に痛風発作が起こるという人は割合多くいます。その原因の一つには汗をたくさんかくということにあります。体内の水分が不足し、痛風の痛みの原因である尿酸がうまく体外に排出されないからです。原因と考えられるものは他にもあります。それが冷たい飲み物です。

 

 

冷たい飲み物は危険

先述した一つ目の原因では水分が不足して、尿酸が体外に排出されにくくなっているということでした。では、その予防のために水分をたくさん飲むとします。猛暑日などには、暑さに耐えきれずに冷たい飲み物をガブガブ飲んでしまいますよね。しかし、それが危険なのです。

 

痛風発作は体の冷えた部分で起きる

痛風発作の原因である尿酸は、足の関節など冷えている部分にたまりやすいのです。そのため、手足はなるべく冷やさないようにしなければいけません。

 

でも、暑いから冷たいものを飲んでいるのでは?

冷たい飲み物は胃を冷やします。しかし胃は消化活動のためのエネルギーが必要ですから、体中から血液をあつめて胃をあたため、エネルギーを確保します。すると、末端の血液は当然巡りが悪くなり、そのために手足は冷えてしまいます

 

だから、夏に起こる

こうした理由から夏の冷たい飲み物の過剰摂取はおすすめできません。ビアガーデンで暑い中、キンキンに冷えたビールで乾杯!なんて、痛風患者にとっては体をいじめているようなものです。

 

 

痛風発作の危険がある人は、夏でも「あたたかいor常温」の飲み物を飲むようにしたいですね。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/12-016776.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

激しい運動で痛風に!?

  運動をしているというと健康にはよいことのように思われるかもしれません。しか...

プリン体0・糖質0は本当に痛風対策になる?きちんと知っておきたい痛風対策商品のシンジツ

プリン体0・糖質0のビールは痛風が気になる人の味方ですよね。ですが、プリン体...


痛風予防7か条

  痛風は生活習慣病です。そのため、普段の生活習慣を改善することが痛風の一番の...

痛風が心配…それでもビールは飲みたい!

痛風は怖いけれども暑い夏にはビールが飲みたくなりますよね。どうしたら美味しく...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る