カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳の出が悪い時には鍼灸治療を!

育児

母乳の出が悪い時には鍼灸治療を!

 

 赤ちゃんを育てる時にはぜひ母乳で育てたい!と思っていても十分に母乳が出ないために粉ミルクに頼らざるをえない、そんな悩みを抱えてる方は沢山います。

 

乳汁分泌不全には乳房マッサージが有名ですが、鍼灸治療でも改善が見られる事が分かっています。

 

 

 

東洋医学的に見た乳汁分泌不全

東洋医学では乳汁分泌不全のことを“欠乳”“少乳”とも言います。

母乳は気と血から出来ているので、このどちらか或いは両方が不足すると欠乳になります。

欠乳になる原因としては以下の3つがあります。

 

○気血両虚

産後の肥立ちが悪かったり元々虚弱体質であったために、出産によって消耗した気血が回復せずに起こります。

 

○脾胃虚弱

脾胃が飲食物を消化吸収して気血に変えます。脾胃の機能が落ちると気血が十分に作られずに欠乳となります。

 

○肝気鬱滞

肝には疎泄という気血をのびやかに拡げる作用があります。肝の障害で疎泄機能が失調すると気血が滞って欠乳となります。

 

症状や脈などの違いからどのタイプの欠乳かを決めて、それに対して治療を行います。

 

 

現代医学的アプローチ

乳腺炎によって起きたしこりに対する鍼灸療法と、肩コリや胸部の筋肉を緩める治療を行います。

 

また、母乳が出にくい人は胸だけでなく、腕~手にかけても筋緊張が見られます。

胸に対する刺鍼に抵抗のある方は、腕~手にかけての筋緊張に対して施術をすることによっても症状は改善します。

 

 

まとめ

器質的な変化や全身的な衰弱が見られる場合には、先にそれらの治療をした方がいいでしょう。

過度の精神的な緊張や、乳房及びその周囲の血行不全によって母乳が出にくくなっている時には鍼灸治療も効果を発揮します。

 

  

(Photo by:http://www.ashinari.com/2009/02/23-014444.php?category=53)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

授乳に関する記事

余った粉ミルクの“意外”な使い方♪

 母乳も、粉ミルクも、いよいよ卒業!!子どもとママはすでに卒業モードですが、...

搾乳した母乳の保存方法とは?赤ちゃんに飲ませる時の注意点

母乳育児をしたいけど、赤ちゃんと離れる用事や予定がある… そんな時には、母...

授乳の体験談

歯が生え始めると・・・おっぱい、かじられる~!!!

我が家の三女、もうすぐ11カ月。 前歯が生えてきて、笑うとビーバーちゃんみたいなんですが、そう...

人それぞれ!〜卒乳・断乳のタイミング①〜

皆さん、授乳はいつまでされていました(す)か?1歳を機にやめる人もいれば2歳まで授乳している人もいる...

カラダノートひろば

授乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る