カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 検査 >
  6. 心電図の測定ではどんなことがわかるの?

生活習慣病

心電図の測定ではどんなことがわかるの?

 

 

健康診断で、心電図の検査があります。

全身にクリップをはめ、じっと横たわっていると、しばらくして「終わりましたよ」と声をかけられます。

 

「あれは心臓の動きを見ているんだろうな」と漠然と思っているでしょう。

 

実は、こんな風に心臓を測定しています。

 

心臓を動かしている電気シグナルをキャッチ

心臓は、全身に血液を送るためにポンプとして拍動していますが、このとき微弱な電気シグナルでその動きがコントロールされています。

心電図は、この電気シグナルを記録して、その波形の乱れから病気の徴候を見つけようとするものです。

 

電極をつけてしずかに横たわるだけ

一般の健康診断では、両手首と両足首、胸に6カ所の電極をつけます。このとき、電気を感知しやすくするためのクリームやジェルを塗ります。その後、3〜5分間、装置で電気シグナルを記録していきます。このとき、へんに緊張したりせず、リラックスして検査しましょう。

 

心電図の乱れだけでは心疾患とは言えません

この電気シグナルは、心臓が収縮する時の細かい動きを示す3つの波で表示されます。

心臓の動きが規則的であれば、心房の収縮(P波)が一定間隔で出現します。

健康な人でも、体調などで収縮が不規則になることがあるので、これだけで心疾患と判断するのは早急です。

 

波形に細かい揺れがある場合には、心臓の筋肉の一部が不規則に収縮していることが疑われます。これは、心臓が弱っている高齢者や心筋梗塞、拡張型心筋症などによる心不全の可能性があるのです。この他にも、波形の乱れ方に病気ごとの特徴があり、これらをキャッチするために健康診断で心電図を測定するのです。

 

しかし、心電図に現れにくい心疾患もあります。発作時でないと心電図に変化が見られないというケースはよくあります。ですから、健康診断で心電図に異常がなくても、他の検査項目と合わせて診断されるのです。

 

心電図後の再検査

心電図に異常があった場合には、負荷心電図(運動しながら測定する心電図)やホルター心電図(24時間の生活中の測定)、心臓超音波検査(心エコー)などを追加して検査します。

その後、必要に応じて、心臓カテーテル、心筋シンチグラフィー、冠状動脈造影などの検査を行って、病気の診断や治療方法が決定されます。

 

定期検診で心電図測定を

とても簡単に心臓の状態が測定できるため、現在心電図検査は広く行われています。

これ一つですべてわけではありませんが、毎年検査することで心疾患を見落とすことがなくなります。

ぜひ、定期検診で心電図をはかりましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/05/20-347790.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

心臓病リスクをセルフチェック!

心臓病は、なりやすい人となりにくい人がいます。遺伝的なものもありますが、糖尿...

大きな筒の中に入るMRI検査…「胸部MRI検査」で分かることはたくさんあるんです!

  心臓を調べる検査というのはいろいろとあります。 その中のひとつが胸部MR...


心臓の状態がわかるBNP検査~心筋梗塞や心不全を防ぐために~

心臓の検査は主に心電図などですが、血液検査も重要な検査の一つです。最近注目され...

カテーテル検査にかわるマルチスライスCT

狭心症などの心臓の検査では、造影剤を注射し、手足の動脈からカテーテルを入れる心...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る