カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 検査 >
  6. 心電図の種類*ホルター心電図とは?

生活習慣病

心電図の種類*ホルター心電図とは?

 

心疾患が疑われた時、心臓の状態を診る検査としてホルター心電図の測定が行われます。

 

1日の心臓の動きを観察

ホルター心電図の「ホルター」は、この24時間心電図測定を提唱したアメリカの物理学者ホルター博士に由来しています。

 

心臓の発作は1日のどの時間で起きるか分からないので、24時間ずっと測定することで心臓の状態がわかる、というものです。

例えば、「安静時狭心症」は、負荷心電図のように激しい運動をしていても徴候が確認できないので、夜寝ている間の心臓の状態を診ることが大切なのです。

 

胸に測定器をつけて記録

ホルター心電図は、胸に電極を取り付け、記録装置を腰に装着していつも通りの1日を過ごします。

記録された心電図を解析し、心疾患の状態を診断します。測定中に、動悸や心臓の異常を感じたときには、測定器のボタンを押します。すると、心電図と異常が起きた時間をリンクさせて解析することができます。

 

いつもと同じ生活を

ホルター心電図の測定は、日常生活を反映させることが重要です。

検査だからといって、安静にする、食事を制限する必要はありません。

むしろ軽く運動したり、少しお酒を飲む等のいつも通りの生活を心がけましょう。

 

心疾患の検査は、さまざまな方向からいくつもの検査をして診断する必要があります。

よい治療方法につながるように、検査は仕組みを理解して正しく受けましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/09/20-027714.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

カテーテル検査にかわるマルチスライスCT

狭心症などの心臓の検査では、造影剤を注射し、手足の動脈からカテーテルを入れる心...

動いている心臓を調べられる検査「心臓超音波検査」、この検査では心臓の何がわかるの?

  心臓は絶えず大きく動いている臓器です。その心臓を調べようとなったとき、心臓...


血液で分かる心筋梗塞マーカー検査

  心臓の検査は、心電図や心エコーなどの大掛かりな装置を使った検査が多く、検査...

心臓の状態がわかるBNP検査~心筋梗塞や心不全を防ぐために~

心臓の検査は主に心電図などですが、血液検査も重要な検査の一つです。最近注目され...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る