カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 予防 >
  5. 心臓に気をつける生活とは?

生活習慣病

心臓に気をつける生活とは?

 

 

血圧が高めだったり、狭心症の疑いがあったりすると、日常生活も心配になりますね。

心臓発作は、血圧の急激な変化が影響することが多いのです。いくつかのポイントをつかんで、心臓発作を起こさないようにしましょう。

 

温度差を少なく

温度が大きく違う環境になると、体温を維持しようとして急激に血圧が上がったりします。発作が起きやすいのは、冬のトイレやお風呂

暖かい部屋から急に寒いところに出たときに、急激に血圧が上がり、心筋梗塞を起こしやすくなります。とくに、高齢者では、入浴中の心臓発作が多いので、ご家族はときどき様子を診ることも必要です。お湯の温度も、あまり熱くしないように心がけてください。

また、お風呂場は、脱衣場を簡易ヒーターで温めておくと、温度差が少なくなります。

 

冬、暖かい部屋から暖房をつけていないトイレにいくときには、カーディガンなど上着を一枚羽織りましょう。

 

水分をしっかりとる

水分が不足すると、血液が濃くどろどろになり、血管が詰まるリスクが高くなります。

とくに夏場は、クーラーで知らず知らず水分を失っています。自宅にいても、十分に水分補給をしましょう。特に高齢の場合は、喉の渇きに鈍感になり勝ちなので、時間を決めて水分補給するなどの工夫をしたほうが安全です。

 

また、夜間も白湯を一杯飲んでから就寝すると、寝ているうちに水分不足になる心配が減ります。夜間トイレに行くのを避けて水分を控えることは、かえってよくありません。

 

 

睡眠不足は大敵

40代以上は、もう若いときのように徹夜のような無理がききません。

疲れを溜めることや睡眠不足は、血圧にも影響しますし、ストレスにもなります。

心臓発作の引き金になりがちですので、身体を十分休めるように注意しましょう。

 

緊張はほどほどに

ゴルフやスポーツの最中に、発作を起こすことが少なくありません。

適度な運動は生活習慣病には必要なのですが、勝ち負けや、スコアに熱くなるあまり、夢中になりすぎて緊張状態が続くと、心臓に負担がかかります。

ときどき深呼吸をするなど、自分で緊張をコントロールし、リラックスしてスポーツを楽しみましょう。

 

心疾患に関連する生活習慣は、若いころとはちがう自分に気づくことからです。

心臓発作のリスクを抑えるために、極端な無理をせず、自分の身体に必要な休憩や水分、保温などに気を配りましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/06/21-022785.php)

 

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

コレステロール値低下・動脈硬化予防☆【いかキムチのネバネバ丼】レシピ

食物繊維も豊富で生活習慣病が気になる方にうってつけの、お手軽で体にいいレシピです...

心臓病の治療サポートに!サプリメントの活用

  生活習慣病からくる心臓病を予防するには、太らないことや禁煙が重要です。...


食生活の改善するだけで、生活習慣病「心臓病」の発症リスクを下げられる!

 生活習慣病のひとつである、心臓病。 生活習慣病と言われている程ですから、...

心臓病を予防する運動~運動時間・頻度の目安はどのくらい?

    心筋梗塞や狭心症などの心臓病は、「動脈硬化」といって、血管が固く細く...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る