カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. ドライアイ >
  5. コンタクトの長時間使用が、再発性角膜びらんの発症率を高める!

気になる病気・症状

コンタクトの長時間使用が、再発性角膜びらんの発症率を高める!

 

コンタクトレンズの長時間連続使用が続くほど、「再発性角膜びらん」の発症率は高まる?!

 

再発性角膜びらんという病気をご存知でしょうか?「角膜びらん」と言うと、角膜上皮という角膜3層のうち最上部の層が剥離を起こし、2層目が剥き出しになってしまった状態のことを言いますが、再発性角膜びらんの場合、この剥離が何度も起こり、角膜の再生が追いつかなくなり悪化してしまった状態のことを言います。


この剥離が起こる原因としては、そのひとつに誤ったコンタクトレンズの使用方法が原因であるともされています。1日使い捨てのコンタクトレンズを着けたまま寝てしまった場合などが特に危険なようです。目が覚めると角膜にコンタクトレンズがぴったりとくっついており、それを無理やり引きはがそうとして角膜の細胞まで削ってしまった例などが実際に報告されているようです。

ここでは、再発性角膜びらんの原因や、検査方法、治療法についてご説明していきたいと思います。

 

角膜びらんの原因について

 

角膜とは、眼球の黒目のところにある直径約12mm、中央の厚さ約0.5mmの透明な膜です。表面に近い方から上皮、実質、内皮の三層にわかれて、角膜上皮は更に、最上面の上皮細胞が基底細胞(ボウマン膜)に乗るような形で、合わせて五層の構造になってます。角膜びらんというのは、上皮の一部が、基底細胞から根こそぎはがれ落ち、角膜実質がむき出しになっってしまった状態です。

 

原因としては、紙が目に入ったり、コンタクトレンズによる剥離、糖尿病や目の手術後でも起こる場合もあります。上皮が剥がれると目を開けていられないほどの激痛がありますが、上皮細胞には優れた再生能力があるので、ほとんどの場合は点眼などの治療で2~3日で回復します。但し治ったと思っても、再生した細胞はくっつきが弱いために、何かのきっかけで再発する事もあります。


損傷が深く治りにくいという場合もありますが、よくある原因としては、朝目覚めた直後の瞬きです。寝ている間に涙の層が薄くなっているので、目を開いた瞬間にまぶたと眼球が擦れてしまい、傷の治ったところがはがれやすくなっている場合があります。

 

再発性の場合は、数日から数カ月の間隔で角膜上皮が繰り返し剥がれてしまうため、再生が追いつかなくなり、5層すべて剥がれ、上皮に欠損部分ができてしまうこともあります。

 

基本的な症状には以下のものがあります。
1)目がゴロゴロする
2)目が開けられないほど光をまぶしく感じる
3)起床時に急に痛くなる
4)白目が充血する
5)涙が出る

 

など、再発性角膜びらんの人はこれらの症状がとくに強く、また、朝起きた時に突然起こるのが特徴のようです。

 

検査方法とは?
 
細隙顕微鏡検査などを使用して検査します。通常、びらんの診断は容易ですが、再発性角膜びらんの場合は糖尿病などの血液検査で調べることもあります。

 

治療法とは?

 

<内科的療法>
一般的な治療法では、涙に似た成分が入った感染予防の抗菌点眼薬をしたり、抗生物質などの軟膏を目に塗ったりしますが、再発性角膜びらんのような重症例では、治療用コンタクトレンズ装用(角膜とまぶたが直接触れるのを防ぐ治療をします。 剥離消失後は潤滑油ジェル点眼(ヒアレイン点眼等)や睡眠前に眼軟膏(フラビタン眼軟膏等)が行われます。
<外科的療法>
角膜表層穿刺という治療で、極細の特殊な針で上皮~実皮にかけて数箇所穿刺して刺激をあたえ、細胞の接着力を高める方法や、レーザーで悪くなった細胞を取り除く手術などもあります。

 

最後に

 

これらの治療法により、治療期間も短く、かなり再発を防ぐことができるようになってきたようですが、角膜上皮に深く傷が付くと、そこから涙の成分が角膜実皮に届いてコラーゲン線維の配列を乱れさせ、角膜を白濁させてしまう原因になるとのことです。これが原因となり視力が低下することもありますので、一旦出来た傷が治るまでは慎重に治療を続けていくのが良いとのことです。

 

(photo by://pixabay.com/ja/%E7%9B%AE-%E9%9D%92-%E8%A7%92%E8%86%9C-%E8%89%B2-%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD-%E8%83%8C%E6%99%AF-%E4%BA%BA-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E6%84%8F%E5%91%B3-%E8%A6%96%E5%8A%9B-70393/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ドライアイに関する記事

朝、目が乾燥して起きられない…コレって病気?

  毎朝、目が乾燥しなかなか目が開けられない、スッキリ起きられない…。もしかし...

早めの対策でドライアイを防ごう!

   「目の疲れ」は誰でも日常的に感じるもの。 しかし、 疲れがなかなかとれな...


どこでも出来る!目の渇きに効くツボでドライアイを緩和!

人間の体の不調を緩和する方法のひとつが「ツボ押し」です。東洋医学の考え方から来...

目が乾燥して痛い!もしかしてドライアイ?

  「目がごろごろ、なんだか痛い」といったような不快感が目に生じると、日常生活...

カラダノートひろば

ドライアイの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る