カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 加齢黄班変性症 >
  5. 加齢黄斑変性症とはどんな病気か?

気になる病気・症状

加齢黄斑変性症とはどんな病気か?

 

 

加齢黄斑変性症とは?

 

皆さんは、加齢黄斑変性症という病気をご存知でしょうか?

 

ものを見るとき、眼は水晶体で光を屈折させ、網膜に像を結んで、それが大脳に電気信号として伝わることで、視覚認識というものができていますが、この病気では、特に網膜のうち感度が高い黄班部の機能が老化などの理由によって低下し、進行していくと物が歪んで見えたり、見ようとする部分が黒く暗転して見えなくなったり、というようなことが起こります。特にその黄班部において、新生血管という不要な血管が新しく生えてくるものと、そうでないものの2種類が存在しますが、血管が生えてくるタイプでは、血管が破れることによる出血で、視力に著しい低下が起こるのが特徴です。

 

また、最近では、iPS細胞による加齢黄班変性症の治療法の臨床研究が開始される見込みで、この治療法によってこれまで根本的な治療法が存在しなかったものに対し、(完治するまでには至らないものの)大きく前進するのではないかとの期待が寄せられています。

 

病気の仕組みと症状による種類について

 

上記でも述べましたが、加齢黄斑変性症の視力低下の原因は、黄班という部分にありますが、その中でも中心窩(ちゅうしんか)と呼ばれる焦点部分に病変が生じます。この病気のタイプには2種類存在しますが、「萎縮(いしゅく)型」と「滲出(しんしゅつ)型」があります。
ドライタイプと呼ばれる、眼底に老廃物が溜まって栄養不足になる「萎縮型」は日本人には少なく、主にウェットタイプと呼ばれる眼底に異常な血管の新生が生じて出欠などを起こす滲出型」が多いと言えます。

 

萎縮型…日本人には少ない。出血を伴わないドライタイプ。網膜にある網膜色素上皮に老廃物が蓄積して栄養不足になり萎縮を起こす。有効な治療法が存在しない。


滲出型…日本人に多い。出血を伴うウェットタイプ。網膜の下にある脈絡膜から網膜上の網膜色素上皮にかけて異常な血管の新生が起こり、血管が破れて眼底に出血、網膜剥離、浮腫などが生じる。進行が早い。治療法に光線力学療法が存在する。

 

自己チェック方法


滲出型の場合、次のような症状が起こります。
・変視症(へんししょう)…焦点が歪んで見える。・中心暗転…焦点が黒くなって見える。


<自己チェック方法>
窓の枠や障子の桟(さん)など、格子状になった四角いものを片目ずつ見ます。

病変が起こっていれば、歪みや黒点が見えます。


検査について


主に4種類の検査方法があります。
1)視力検査…ランドル環表を用いて検査します。
2)眼底検査…専用の器具で眼底の網膜の状態を調べます。
3)蛍光眼底造影検査…蛍光色素を腕の静脈に注射し、眼底カメラで血管の異常を検査する。
4)網膜断層撮影検査…専用器具を用いて、眼底の状態を確認する。

 

治療について


滲出型の治療目標は、その病変の原因である眼底に新生した異常な血管を除去することです。これによって視機能低下の進行を止めます。治療法には、外科的な治療法である光線力学的療法(レーザー療法)と、投薬(注射)による抗血管新生薬の2つが存在します

 

◆光線力学療法


光線力学療法とは…光に対して感受性を持つ物質を静脈から点滴し、その後レーザーを病変に照射することで、新生血管のみに化学反応を起こして血管を閉塞させる治療法です。


<1. 治療の対象となる人>
中心窩に活動性の高い新生血管があって、視力が0.5以下に低下している方(まれに視力が低下する可能性があるため)。


<2. 具体的な手順>
1)光に対する感受性をもつ薬を肘の静脈から点滴します。点滴開始から15分後、薬が血管を通って中心窩に達したら、レーザー光を当てて、薬に化学反応を起こさせます。
          ↓
2)活性酸素(細胞を損傷させる)が発生して、新生血管の内壁が障害され、血管内を流れる血液が詰まって血管が閉塞します。


<3. この治療法のメリット>
通常のレーザー治療では、他の組織(網膜など)にも照射され細胞が損傷して視力低下などの副作用がありますが、この治療法では正常な組織に取り込まれることは殆どないため病変血管のみを集中して照射することが出来ます

 

◆抗血管新生薬治療


 抗血管新生薬治療とは…血管新生は「血管内皮増殖因子(VEGF)」によって発生しますが、これを薬によって抑えることで血管新生を阻害します


<1. 治療の対象となる人>
中心窩に及ぶ新生血管があり、緑内障、心筋梗塞や脳梗塞の徴候がない方。眼圧が高くなる、梗塞のダメージ回復に必要な血管新生の発生を抑制する可能性があるため
<2. 具体的な方法>
点眼麻酔の後、抗血管新生薬を眼球内に注射します。
<3. この治療法のメリット>
効果が数週間持続し、入院の必要がありません。

 

◆iPS細胞治療


iPS細胞治療とは… 網膜に下にある「網膜色素上皮」採取して、患者自身の細胞から新たに作った網膜色素上皮のシートと交換する治療法。


<1. 現在の状況>
ヒトへの臨床研究が審査委員会で了承されたので、まもなく研究が始まる見通し。移植から1年は経過観察、3年間の追跡調査が必要になる。実用化は5年後程度が見込まれているようです。


<2. 具体的な手順>
まず、皮膚から細胞を採取してiPS細胞を作る。
         ↓
iPS細胞を網膜色素上皮細胞に分化させる方法を使って、1mm×2mmの1層の細胞シートになるまで約3ヶ月間培養させる。
         ↓
黄斑に特殊な器具を差し込んで、傷んだ網膜色素上皮を新生血管とともに切り取る。
         ↓
代わりにiPS細胞から作った網膜色素上皮細胞のシートを移植し定着させる。


<3. 治療費>
細胞のシートの作成費は、約500万円程度と言われています。

 

最後に

 

加齢黄斑変性症に関する治療法は、現在どの方法においても視力低下の防止や抑制は出来ても、根本的な治療方法と言うものが存在しておりません。iPS治療においても同じく、実用化には近づいているものの、視力回復に関して完治させるほどの大きな改善というのは今の段階ではまだ見られないようです。

現状の最善の対処法としては、出来るだけ早期に病気を発見し、進行を遅らせる措置を摂ることが何より重要であるといえます


 

(photo by://pixabay.com/ja/%E7%9B%AE-%E5%9B%B3-%E5%AD%90%E4%BE%9B-%E4%BA%BA%E9%96%93-%E6%BC%AB%E7%94%BB-%E7%9C%BC%E7%90%83-%E4%BD%93-%E7%94%9F-%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB-%E7%A9%BA%E7%99%BD-39998/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

加齢黄班変性症に関する記事

日本でも患者が急増中!他人事ではない?加齢黄斑変性の予防法とは

  今は日本古来の生活習慣の中に、欧米の特色が強く入ってくるようになりまし...

加齢黄斑変性の発生する原因

  加齢黄斑変性は、別名老人性円板状黄斑変性症と呼ばれ、その名前から加齢により...


加齢黄斑変性症の人ってどれくらいいるの?

  加齢黄斑変性症という病気は黄斑に影響が出る病気で、原因は加齢と考えられてい...

光カット眼鏡は効果的?!PC長時間使用は加齢黄斑変性の危険性

  『ブルーライト』が加齢黄班変性を引き起こす可能性   近年、パソコ...

カラダノートひろば

加齢黄班変性症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る