カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 薄毛(AGA) >
  4. 育毛・増毛 >
  5. カプサイシンとイソフラボンは薄毛の改善に効果あり!

男性のカラダの悩み

カプサイシンとイソフラボンは薄毛の改善に効果あり!

 

 

カプサイシンとイソフラボンは薄毛の改善に効果あり!

 

最近主人の抜け毛が多くて薄毛にならないか心配…という方は多いのではないでしょうか?近年髪の毛の発毛に繋がるとして、インスリン様成長因子「IGF-1」の体内分泌を増加させるカプサイシンとイソフラボンが注目を集めています。


IGf-1は主に肝臓にて成長ホルモンによる刺激で分泌されるアミノ酸の結合体で、人体の殆どの細胞成長はこの影響を受けており、筋肉、骨、皮膚、神経、内臓など様々な器官において含まれています。しかしこの物質が、加齢によって年々減少し、それに伴って抜け毛に悩む人が増えてきていると言います。では、どうすれば減少したIGF-1を再び増加させられるか、ですが研究された結果胃や皮膚の知覚細胞を刺激すれば、薬剤を使用しなくともIGF-1を増やせることが明らかになったようです。その方法と言うのが、先程ご紹介した「カプサイシンとイソフラボン」であるということです。

 

カプサイシンとイソフラボンによって発毛されるメカニズムとは?

 

カプサイシンとイソフラボンを摂取すると、IGF-Iが増えるメカニズムは次のようになります。知覚神経が刺激されると、そこから放出される「カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)」と呼ばれる成分が、IGF-Iをつくらせるということです。CGRPは、本来、女性ホルモンによってつくられるものなのですが、イソフラボンにも同様の効果があることが分かっています。また、カプサイシンは、その知覚神経を刺激する役割によって、CGRPの放出を促します。

 

実験の結果について

 

この研究は人に対する実験も行われており、その結果が公開されています。実際に薄毛に悩む男女31人に、5ヶ月間、カプサイシンとイソフラボンを毎日同時に摂取してもらい、その育毛効果が調査されました。

 

<具体的な実験内容>
カプサイシン…乾燥した唐辛子2g
イソフラボン…豆腐1/2

 

これらを毎日の食事の後に、朝・昼・晩3回摂取してもらうという方法が行われました。その結果、早くも1ヵ月後には42.4%の人に発毛、抜け毛の減少が確認され、さらに5ヶ月後には64.5%、つまり31人中20人に薄毛の改善が認められたのです。その後、さらに継続して10ヶ月間、毎日カプサイシンとイソフラボンを同時摂取し続けた男性は、後頭部まで薄毛が広がっていたのが、頭頂部のみにまで改善していました。

 

最後に

 

実験では豆腐と唐辛子でしたが、場合によっては好みに応じて、納豆と唐辛子(キムチなども)を試してみるなどといった方法も良いと思います。この納豆キムチは、動脈硬化の予防にも効果も期待できる食材なので、ご家族全員で試してみられるのも良いのではないでしょうか?

 

(photo by://pixabay.com/ja/habaneros-%E8%B5%A4-%E9%87%8E%E8%8F%9C-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%97-61505/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育毛・増毛に関する記事

育毛効果が報告された『ブロッコリースプラウト』とは?

    抗酸化植物『ブロッコリースプラウト』の新たな効果 『育毛作用』 ...

ノコギリヤシ摂取で、『男性型脱毛症』が改善する?!頭皮の皮脂の減少が確認

AGAを始めとする脱毛症は、男性ホルモンの分泌に深くかかわりがあると言われてい...


薄毛を改善する?!フィーバーフューに含まれる『パルテノライド』について

ハーブの一種ナツシロギク(フィーバーフュー)と言えば、頭痛を抑える効果があること...

AGA対策としての自毛植毛のメリット・デメリットとは?

髪の悩みは多くの男性が抱えていますが、具体的には育毛や増毛など様々な形で対策...

カラダノートひろば

育毛・増毛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る