カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 予防 >
  4. その他 >
  5. 薬やビタミン剤をでがんを予防する?がんの化学予防について

ガン・悪性腫瘍

薬やビタミン剤をでがんを予防する?がんの化学予防について

sapri.jpg

がんの予防法といえば、従来は食事の制限や運動習慣の改善のみでした。
日常生活の改善は、現在でももちろん中心的な予防法ではありますが、その他に化学予防という方法もあります。

●化学予防とは

特定の薬やビタミン剤を使用することでがんを予防するというものです。
がんの発生リスクを下げたり再発を遅らせることが研究で証明されている薬を投与することで、がんを予防します。

効果の検証は1980年代から行われていますが、まだまだ明らかになっていない部分も多いと言われています。

●化学予防の効果について

化学予防の効果は、全員が同じということはありません。
人によって必要な量が異なる、研究が発展途上である等の理由から、化学予防が絶対的な効果を示すわけではないということを知ったうえで、化学予防に取り組んでいきましょう。

●これからのがん予防

化学予防も含め、生活習慣改善以外のがんの予防法も、今後次々と出てくると言われています。

国立がん研究センターでは、遺伝子情報に基づいたがんの予防法などの可能性も示唆しているくらいです。
しかし、生活習慣改善によるがん予防効果ほど研究が進んでいるわけではありません。実用化と更なる研究のため、まだまだ多くの時間がかかると予想されます。


(Photo by //www.ashinari.com/2009/02/02-013238.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

がんの予防的外科手術…そのメリットとデメリット

  乳がんなど女性の体特有のがんに対して、女性は他のがんとはまた違った気持ちを...

携帯電話で脳腫瘍が発生する!?新たに指摘された携帯電話が私たちに及ぼす健康被害

生活の中に欠かせないものとなった携帯電話は、どれくらい使っていますか? 何...


遺伝子情報、ゲノムによるがん予防の可能性

遺伝子の研究が進む中で、がんの予防にゲノムや遺伝子を利用するという方法も考えださ...

無作為比較試験やコホート研究など、がん予防のための研究方法

がん予防のためには、がんのリスクの研究、そしてそのリスクを回避するための研究が欠...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る