カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺炎 >
  5. 結核 >
  6. 結核後遺症と付き合う生活を

気になる病気・症状

結核後遺症と付き合う生活を

 

 

結核はかつては大勢の人々を死に追いやった、恐ろしい不治の病でした。
しかし昨今では、その結核にも有効な治療薬や治療法が開発されており、結核は決して不治の病であるというわけではありません。


ただし、そんな医療の進歩も、結核による後遺症を防ぐ事にまでは至ってしません。
結核に一度なってしまったら、治療するまでに肺の機能などが損なわれ、それが後遺症となり、その後の人生につきまとうことを防ぐ事は未だ難しいのです。
そのため一度結核を経験した人には、その後遺症を踏まえて、肺や心臓に余分な負担をかけない生活を心がける必要があります。


結核の後遺症と生活

 

1.結核によって肺が痛む
結核によって特に肺の機能に重大な障害が残ることが多く、後遺症として呼吸が満足に行えなくなってしまいます。

 

2.酸素吸収不足で心臓にも負担
呼吸による酸素を取り入れることが満足にできず、それは結局血液中の酸素濃度を低下させ、心臓に大きな負担を与えます。

 

3.高齢になるほどに後遺症が現れる
肺の機能不全による酸素不足で心臓に負担が掛っても、若い世代ならば問題はほとんど無いが、高齢になればなるほど後遺症として症状が現れることになります。

●肺や心臓に負担をかからない生活を
結核経験者に必要なのは、痛んだ肺でも可能な負担の生活を心がけ、無理をしないことです。


結核そのものの症状自体は治療できても、その結果、損なわれた肺などの臓器の働きは決して取り返せるものではありません。
できることなら結核になる事自体を予防する対策を取ることをお勧めいたします。

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1349?title=%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%98%E3%81%A8%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%84&c_id=4)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結核に関する記事

過去の病気ではない!~結核~

  結核と聞くと、もはや過去の病気と思われる方も多いのではないでしょうか。...

肺結核以外の結核

  もはや、過去の病気ではないといわれる結核。 年間の発症者は3万人、罹...


先進国の中で結核が多い国日本!?多剤耐性結核菌が増加の理由

  戦前は死の病と恐れていた結核は、戦後抗生物質の普及とともに一掃され、過...

結核後遺症に有効な理学療法

  結核後遺症に有効な理学療法   結核後遺症とは、結核治療後に慢性的...

カラダノートひろば

結核の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る