カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 閉塞性障害 >
  5. 閉塞性換気障害を引き起す疾患

気になる病気・症状

閉塞性換気障害を引き起す疾患

 

 

閉塞性換気障害とは、呼吸によって空気が通る気管支が狭窄し、閉塞することによって起こる換気障害のことです。気管支の狭窄が引き起される原因は主に喘息などの呼吸器系の病気によって誘発されるものだとされています。

それらの病気はどれも肺など呼吸器に大きく関わる病気ばかりであり、それによって換気障害が起こり呼吸が満足にできなくなれば、さまざまな活動が制限され、最悪の場合死に至ることも考えられる難病ばかりです。


気管支を閉塞する疾患のほとんどが肺に集中していることから、閉塞性肺疾患とも呼ばれています。


気管支の狭窄を引き起す病気

●気管支喘息
アレルギー反応や細菌もしくはウィルス感染によって気管支の炎症が慢性化し、可逆性の気道狭窄を起こします。

●慢性気管支炎
気管支の炎症が慢性化し、大量の痰が分泌されると共に呼吸困難を引き起します。

●肺気腫
肺の細胞壁に破壊的な変化を起こし、気道や気管支が異常に大きくなり、呼吸を阻害することになります。

●びまん性汎細気管支炎
細気管支の原因不明の炎症により閉塞、狭窄になります。


これらの換気障害の原因となる疾患は、ほとんどが周囲の環境に左右され、治療には転地療養などが必要とされます。
根治的な治療法が確立していない病気も多く、原因となるアレルギー要因汚れた大気の無い、きれいな環境で保存的な療法で対処するしかない場合が多いのです。


閉塞性換気障害に限らず呼吸器系の疾患は非常に患者のリスクが高く、命だけで無く生活全般の質に大きく影響を与えてしまう病気です。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/2749)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

閉塞性障害に関する記事

禁煙で防ごう、閉塞性換気障害

 禁煙で防ごう、閉塞性換気障害   閉塞性換気障害とは、慢性気管支炎や肺...

気管支喘息による閉塞性換気障害

    気管支が狭窄、閉塞してしまい、呼吸が満足にできない換気障害となる閉塞...


換気障害を引き起こす!?慢性気管支炎の特徴と原因

    呼吸し、酸素を取り込む気管支が慢性の炎症を起こすと、空気をうまく取り...

閉塞性換気障害ってどんな病気?

閉塞性換気障害ってどんな病気?   閉塞性換気障害とは、肺気腫に起因する...

カラダノートひろば

閉塞性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る