カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. ストレッチ >
  5. 目が冴えて…足がつって…考え事で…こんな原因で眠れない時の対処法

不眠・睡眠障害

目が冴えて…足がつって…考え事で…こんな原因で眠れない時の対処法

a0002_007892.jpg
いつまでたってもなかなか眠れない…眼が冴えてしまっていることがよくあります。
例えリラックスしているように思えても、やはり日中は目を酷使していますからどうしても目に緊張が残ってしまうのです。そんな時にオススメな方法をご紹介します。
 
1. 電気を消して布団に入ったら天井を見上げ、さらにその先をイメージしながらなるべく遠くを見るようにする
2. フッと目の力が抜ける瞬間が来たらゆっくり目を閉じる
 
焦点距離を無限大にして、目をリラックスさせましょう。
次第に眼球の緊張が和らいでいく感覚を感じながら眠りについてください。
 

足がつって目が覚めた

夜中に目が覚めて足がつる…こうなると激痛が治まるのを待ってベッドの中で身を丸めているしかない…こんな経験がある人は多いのでは?
 

そんな時には?

1. 腹部・膝の裏側・足の裏などを手の平全体で触ってみて、どこか冷えているところがないかチェック
2. 手の温度を伝えるように、その部分を少し暖める
 
よく足がつるときは冷えやすいポイントを探しましょう。
足のつりは、腸の疲れや体の冷えによって起こる場合も多いようです。冬の寒さより真夏の冷房で…なんてことも?
 
冷房の効いたオフィスで働く人は体を冷やさないよう注意しましょう。
 
一つのことが気になってなかなか眠れない…そんな時にオススメのマッサージです。
 

眠れないときにおすすめのマッサージ

1. 両手で横から頭を包み込むようにして、手のひらで暖めるようにする
2. 頭の形に添うよう、なるべく手をフィットさせ、頭蓋骨が呼吸とともに微妙に膨らんだり閉じたりすることを感じる
 
頭皮の張りを緩めて、頭を柔らかくしましょう。
こんな風に頭が固くなっている時、頭に触れてみてください。身体的にも「頭が固く」なっていることがあります。手のひらの温度が頭の奥まで伝わって、張り詰めた頭皮を緩めることにより、硬直していた思考も溶け出しますよ。
 

頭がゴチャゴチャして眠れない

色々な考えが次から次へと思い浮かんで頭がゴチャゴチャして眠れない…
いわば頭に血が上りっぱなしの状態のときは、首の裏側から後頭部にかけての部分あるいはのどの部分が緊張しています。
 
1. 後頭部に両手をあてて、頭を前に倒す
2. 次に首の後ろに両手をあてて、頭を後ろに倒す
 
頭の重さを使って首と後頭部の血流を回復しましょう。
喉からも緊張が取れるため、息がしやすくなり、呼吸がどんどん深くなっていきます。そうすると自然に入眠できますよ。
(Photo by:足成)

著者: くみんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレッチに関する記事

寝付きの悪さを解消!体の温度を上げ、悪習慣ともおさらば♪

「寝付きが悪くて疲れがとれない…」あるいは「なかなか寝付けず夜が辛い」といった...

不眠がつらい…そんなときは整体に行って体を治そう!

人間の体にはゆがみがあるといわれています。ところが、体のバランスがゆがんでいる...


やってみよう!寝付きを良くする就寝前のカンタンストレッチ

        寝付きが悪く、何度も寝返りを打っていると数時間が経過していて...

快適な睡眠をするために…寝る前に身体を温め、寝る準備を整えよう

寝る前に身体を温めることは、体内の状態を寝る準備に整えるために重要なことです。...

カラダノートひろば

ストレッチの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る