カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 頻尿 >
  5. 脳の障害による中枢性尿崩症

気になる病気・症状

脳の障害による中枢性尿崩症

 

 

尿崩症の原因には様々なものが考えられますが、その中の一つに脳の下垂体に原因がある中枢性尿崩症というものがあります。これは尿崩症の原因が抗利尿ホルモンであるバソプレッシンの合成不足による場合です。

 

下垂体に何らかの障害が発生することで、この抗利尿ホルモンの合成も阻害されることになり、症状として尿崩症の症状が発生することになります。


下垂体の障害による中枢性尿崩症

 

1.原因

脳腫瘍
結核
脳外傷や手術などによる疾患

 

によって、下垂体の働きに障害が及び、分泌される抗利尿ホルモンバソプレッシンが合成されなくなることによって中枢性尿崩症を発症することになります。

 

2.症状

多尿
抗利尿ホルモンが合成されなくなったことにより、体内に水分が保持される機構が衰え、大量な水分が尿として排出されます。

●のどの渇き
必要な水分も尿として排出されるため、不足した水分を求め、のどなど身体がひどい乾きを訴えるようになるのです。

 

3.治療
原因は抗利尿ホルモンであるバソプレッシンの分泌不足なので、不足した分の抗利尿ホルモンを外から投与することで多尿を緩和することができます。


脳腫瘍や脳の外傷などが原因で下垂体の障害が及ぶと、それによって失われた下垂体の機能は容易に元に戻すことが出来ません。

 

そのため、この場合の尿崩症の治療は、下垂体の機能を取り戻させるのではなく、下垂体の障害によって発生したパソブレッシンの不足外部から投薬することで補い、尿崩症の症状を緩和する薬物療法を行なうことになります。

 

これはあくまで緩和方法なので、今後治療の発展が待たれます。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1744)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頻尿に関する記事

男性の尿トラブルにも効果的!骨盤底筋トレーニングで頻尿・尿漏れ改善

最近、女性だけでなく男性の尿漏れ、頻尿もクローズアップされています。女性の尿...

腎臓障害による尿崩症

  尿崩症は排尿の調節機能が正常に働かなくなる病気であり、排尿を司る臓器と言え...


尿排泄の調節が崩れてしまう!?尿崩症の原因は「バソプレッシン」だった!

    尿崩症とは、尿排泄の調節が崩れてしまう病気のことです。尿を体外に排出...

トイレが近くて夜中に何度も起きる…頻尿はなぜ起こる?女性の主な頻尿の原因

女性はとくに気になる「おしっこ」のこと。 頻尿は女性によくある症状で、自覚して...

カラダノートひろば

頻尿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る