カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 糖質制限 >
  5. ストップ!腎臓病!低たんぱく食摂取で進行抑止に!

健康診断・健康管理

ストップ!腎臓病!低たんぱく食摂取で進行抑止に!

 

 

身体の中の老廃物や不純物を濾し取るための臓器である腎臓ですが、その老廃物などが多ければ多いほど多大な負担がかかることになります。
この負担が大きくなればなるほど腎臓病のリスクが高まり、それによって腎臓がその機能を衰えさせます。最後には機能を失い、腎臓の働きを人工透析で補わなければならなくなります。

 

腎臓を少しでも長持ちさせるためには、何よりも腎臓病にならないこと、また腎臓病になってもその進行をできる限り遅らせることが重要です。
そのために腎臓を労り、負担を減らすための対策として有効なのが低たんぱく食摂取でしょう。


腎臓病の進行を遅らせる為の低たんぱく食

 

1.腎臓病の進行
腎臓病は進行するごとに腎臓を破壊し、その機能を失わせるものがほとんどです。


2.進行の抑制
腎臓の負担を軽減することで、その腎臓病による腎臓の破壊の進行を抑制することが可能となります。

 

3.低たんぱく食による腎臓病の進行抑止
低たんぱく食摂取で腎臓への負担を軽減する食生活を続けることで、腎臓病の予防だけで無く、その進行を抑止することができるのです。


低たんぱく食摂取によって、そもそもの原因である腎臓の負担を確実に減らすことができます。また、低たんぱく食によって身体の中の毒素となる老廃物が消え、腎臓病によって腎臓が働かなくなった人でも、尿毒症になるリスクを低減することも可能となるのです。

低たんぱく食摂取は腎臓を長持ちさせるだけで無く、腎不全となった後も腎臓のリスクを回避してくれる役目を果たしてくれるのです。

 

低たんぱく食を食生活にとりいれてみませんか?

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1272)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖質制限に関する記事

コレステロールを減らそう!女性におすすめはイソフラボンを含む「大豆たんぱく質」

  大豆は女性の体に良いと言われている食品です。大豆が持っているイソフラボ...

夏の疲れた体が欲する甘い誘惑!食事には気をつけて!糖化になってしまう危険もあります

夏はいろんなイベントで忙しく、疲労やストレスが溜まった体をいたわるために、つい...


食生活に問題あり?内臓脂肪が増える原因は食べ過ぎにあった?

  血圧や血糖値、血中脂肪の値が上昇するのは、内臓脂肪が原因と考えられ、注目を...

肥満気味の人におすすめな「糖質制限ダイエット」のやり方とは!

  現在話題になっているさまざまなダイエット方法がありますが、肥満気味もし...

カラダノートひろば

糖質制限の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る