カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 副甲状腺機能亢進症 >
  5. 食生活も関係する*二種類の副甲状腺機能亢進症

気になる病気・症状

食生活も関係する*二種類の副甲状腺機能亢進症

 

副甲状腺機能亢進症とは、副甲状腺が分泌する副甲状腺ホルモンが過剰になる事で様々な症状が起きる疾患のことです。
副甲状腺ホルモンの過剰分泌の原因となるのはもちろん第一に副甲状腺自体です。

 

副甲状腺に線種などの異常が起こることによって分泌異常が起こります。
しかし、それだけに限らず栄養の偏り腎臓の障害などでも結果的に副甲状腺ホルモンの分泌異常が引き起され、副甲状腺機能亢進症になる場合もあるのです。

 

副甲状腺の異常が原因である場合を原発性、それ以外の原因を二次性と呼ばれます。


原発性と二次性の副甲状腺機能亢進症

 

1.原発性副甲状腺機能亢進症

●副甲状腺自体に異常
副甲状腺ホルモンが過剰に分泌される代謝性疾患の原因が副甲状腺そのものであるケースがこの原発性副甲状腺機能亢進症です。

●外科的治療
異常のある副甲状腺を外科的に摘出することでしか根治できません。

 

2.二次性副甲状腺機能亢進症

栄養性二次性副甲状腺機能亢進症
カルシウムやリンなどの摂取量が不均衡となる栄養面の問題により副甲状腺が刺激されホルモン分泌が過剰になります。

腎性二次性副甲状腺機能亢進症
腎疾患になるとカルシウムが尿と共に身体から排出され、ビタミンD産生も低下してしまい、結果として栄養性二次性副甲状腺機能亢進症と同様に、副甲状腺ホルモン分泌が過剰となってしまいます。


原発性と二次性は同じ副甲状腺機能亢進症だとしてもその原因は全く異なり、当然それぞれ全く異なる治療法が必要となります。
特に原発性の場合は、原因である副甲状腺を外科的に摘出する必要がどうしてもあるのです。

そして二次性の副甲状腺機能亢進症は原因となる栄養面の問題や、腎臓の疾患を治療することによって副甲状腺ホルモンの分泌を正常化することが出来ます。

 

食生活も重要なサポートとなります、しっかり自分の食生活を見直していきましょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/726)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

副甲状腺機能亢進症に関する記事

腎臓障害による二次性副甲状腺機能亢進症

    副甲状腺が分泌するホルモンが過剰分泌することによって代謝疾患となり、...

原発性副甲状腺機能亢進症と治療法

      副甲状腺はそこから分泌されるホルモンによって血中のカルシウ...


骨粗しょう症なのにカルシウムを摂ってはいけない?!

    高齢化社会が進み、骨の中身がスカスカになってしまい脆くなってしまう骨...

透析患者に多い、腎性副甲状腺機能亢進症って?

     腎性副甲状腺機能亢進症とは?   副甲状腺機能亢進症とは、血中...

カラダノートひろば

副甲状腺機能亢進症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る