カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. 認知症予防に効果あり!「フェルラ酸」「ヤマブシダケ」「フェルラ酸」とは?問題行動の改善に有効な「メジコン」とは?

介護・認知症

認知症予防に効果あり!「フェルラ酸」「ヤマブシダケ」「フェルラ酸」とは?問題行動の改善に有効な「メジコン」とは?

 

アルツハイマー病の原因物質「アミロイドβ蛋白の抑制効果」が確認された「ターメリック」の効果とは!

アルツハイマー病の発症原因は「アミロイドβ蛋白」による脳神経細胞への大量沈着(老人班の形成)が原因であることは、数多くのテレビや雑誌などでも取り上げられており、ご存知の方も多くおられると思います。

現在アミロイドβの生成を予防すると言われている薬には「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とイブプロフェン」が確認されていますが、いずれも消化管や肝臓、腎臓などに障害を与えるため、治療薬といて用いるには安全性が低いと言えます。そのため、より安全で効果の確実な薬の登場が待たれていました。

 

近年、このアミロイドβの生成を予防できるかもしれないとして期待されている食品があります。それが「ターメリック」です。ターメリックは別名ウコンですが、良くアルコールの飲みすぎに効果のある商品としてウコンが使われていますので、肝機能を改善する効果というイメージのみがあるかもしれません。しかし、最近の研究により、ターメリックに含有される

 

「クルクミン」

というポリフェノールの一種である物質が、アミロイドβ生成を抑制作用があるとして研究者の間でも非常に注目されている物質となっているようです。

 

ターメリックの認知症改善の効果について

クルクミンの薬効に関しては昔から知られており、インドの伝統医学アーユルヴェーダでも肝疾患、呼吸器疾患、糖尿病、関節リウマチなど様々な病気の治療薬として使用されてきたようです。アメリカの食品医薬品局(FDA)においても、ターメリックの安全性の高さは認知されています(但し大量摂取などには注意する必要があります)。クルクミンの持つアルツハイマー病の抑制作用の研究は2001年からUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で研究が行われているようです。その薬理作用としては、以下のものが挙げられています。

 

<クルクミンの持つ薬理作用>

◆抗酸化作用

◆抗炎症作用

◆コレステロール低下作用

◆血小板凝集抑制作用

◆アミロイド解離作用

 

また、同大学の実験ではクルクミンとアミロイド班に関するものが2件と、パーキンソン病気関するものが1件行われたようです。

 

<クルクミンの実験結果>

1)クルクミンがアミロイド班とその沈着原因物質を減少させた

Limら(2001年)による研究で、脳内にアルツハイマー病の発症の原因となるアミロイドβ蛋白を持ったマウスにクルクミンを投与したところ、リン酸化タウ蛋白(脳内で神経原線維変化を引き起こす)とインターロイキン(アミロイドβ蛋白の沈着を引き起こす)を減少させ、またアミロイド班(老人班)が約43~50%減少したという報告があります。

 

2)クルクミンが経口投与によって脳内に到達しアミロイド班と結合した

Yangら(2005年)による研究では、アルツハイマー病を患った老齢のマウスに1)頚動脈投与と2)経口投与の2パターンの投与方法で実験を行ったところ、経口投与においても脳血液関門(異物を脳内に侵入させないための関所)を通過して脳内に入り、クルクミンが大脳皮質と海馬のアミロイド班に結合したという結果が報告されたようです。

 

3)クルクミンがパーキンソン病の原因となる、タンパク質の凝集を抑制した

Ono and Yamada(2006年)による研究で、パーキンソン病の原因である間脳黒質部分のレビー小体を形成する「α-シヌクレイン」という蛋白質の凝集を抑制したという報告がされました。

 

クルクミンの吸収率について

クルクミンを始め、一般的にポリフェノール類は、消化管からの吸収が悪いことが知られています。ある研究では、クルクミンと同時に黒コショウ成分である「ピペリン」を摂取すると、腸管膜での代謝吸収の改善が見られ、生体内利用率が大幅に上昇すると報告されています。カレーを日常的に摂取している人を対象とした疫学調査では、アルツハイマー病の羅患率が低いなどの結果が出ていたのですが、これは市販カレールウに含まれるターメリックと黒コショウによるものではないかと考えられています。但し、クルクミンを摂取する場合は、他の薬剤を飲んでいるなどの場合、専門家に飲み合わせに問題がないかなどの相談をすることが必要であるようです。

 

アルツハイマー病とパーキンソン病は、どちらも根本的な治療法が存在せず、対処療法的に発症や病気の進行を緩やかにするといったことのみが行われています。このターメリックの実験はまだマウスでの実験段階で人に使用できる確証はありませんが、もしアミロイド班を除去できる可能性があるならば、非常に期待が出来る物質であると言えます。iPS細胞治療の期待もありますが、より近い治療薬として、このクルクミンの人への有効性が実証されることを期待したいですね。

 

 

認知症予防に効果!アミロイドβ抑制作用のある『フェルラ酸』とは?

現在、国内における65歳以上の認知症患者数は約462万人程度であり、80歳以上では約20%の人が認知症に罹患していると言われています。また、その認知症の中でも約60%はアルツハイマー型(脳神経細胞の脱落・萎縮)であり、未だ根治療法は確立されていない状況です。神経細胞死の原因となるアミロイドβたんぱくの蓄積は、発症の20年前程度から開始していると言われ、早期からの予防が重要となります。

現在、その予防法のひとつとして注目されているものに『フェルラ酸』という物質があります。これを摂取することで、認知症予防に効果があったという報告があります。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

フェルラ酸とは?

『フェルラ酸』とは、植物の細胞壁を形成するポリフェノールで、多くの植物に微量に存在しています。中でも、米と小麦のヌカ部分には非常に多量のフェルラ酸が含まれており、またヒトが摂取しても吸収できる状態であると言われています。フェルラ酸の作用は主に『抗酸化』であり、1995年には食品添加物(抗酸化物質)として、2001年には化粧品原料(紫外線吸収)として認可されています。

 

<フェルラ酸の作用>

◆抗酸化作用(DNAの損傷や癌、細胞の老化抑制)

◆がん細胞へのアポトーシス誘起作用

◆アミロイドβの神経毒性抑制作用(アルツハイマー病の予防)

 

<食品中の含有量>

◆穀粒1Kg当たりのフェルラ酸含量・・・米では100mg、小麦では300~500mg(ヌカ部分を完全に取り除いた白米や精白小麦粉にはヒトでも吸収できるフェルラ酸は全く含まれていない。また、穀物以外から摂れるフェルラ酸は1日あたり数mg程度)

 

⇒無精白米では、一回の食事で80 mg~165mgのフェルラ酸が摂取できます(精白米では、10mg程度)。

 

<認知症予防の効果とは?>

米ぬかから精製されたフェルラ酸がアルツハイマー型認知症に有効との論文がいくつか発表されています。その代表的なものは広島大名誉教授中村重信らによるアルツハイマー病患者143人への臨床試験です。

 

フェルラ酸の臨床試験(広島大学・中村名誉教授による)

<試験内容>

アルツハイマー患者143人へ9ヶ月間フェルラ酸を投与する。試験前と試験開始から3ヶ月毎に、認知機能検査を行った。

 

<結果>

アルツハイマー病患者の認知機能は通常、時間の経過とともに低下し続けるのに対し、軽度の患者の場合、試験終了時まで改善が続き、中度の患者も6ヵ月後まで改善状態が続いた。

 

上記のように、フェルラ酸の有効性が示されている一方で、フェルラ酸の『単独摂取』では、アルツハイマーへの効果は確認されていないという報告もあります。その詳細は、フェルラ酸のアミロイドβの抑制作用は確認されているが、アミロイドβ抑制が出来たからと言って、アルツハイマー病の進行を止められるとは限らないというものです。この内容を発表している企業では『ANM176』というフェルラ酸を含む複合サプリメントが有効だとしています。いずれにしても、フェルラ酸の摂取方法については、さらなる検証が必要となりそうです。

 

認知機能障害の改善が報告された『ヤマブシダケ』とは?

アルツハイマー病の原因、神経細胞死を抑制する『ヤマブシタケ』

アルツハイマー病とは、大脳皮質にリン酸化タウ蛋白やアミロイドβ蛋白などが沈着し、進行すると神経細胞の脱落と脳の委縮をきたす疾患です。現在でも進行を止める根本的な治療薬は存在せず、『ドネぺジル』などに代表されるような神経伝達物質アセチルコリンの分泌を増加させるような対処療法が主となっています。神経細胞が一旦減少すると、再び自己増殖することができず、これがアルツハイマー病治療を困難なものにしています。

 

しかし、現在注目されているのが『神経成長因子(NGF:Nerve growth factor)』と呼ばれる神経細胞死を抑制する物質です。このNGFが自生キノコである『ヤマブシダケ』含有の成分摂取によって体内生成することが可能とされています。以下ではその詳細について見ていきたいと思います。

 

 

ヤマブシダケに含有される神経細胞死抑制作用のある『NGF』とは?

上記のように、ヤマブシタケには『NGF』という物質が含有されています。ではこのNGFとはどのような物質なのでしょうか?

 

<NGFとは?>

NGFとは、アミノ酸118個によって構成された二量体構造をもつ塩基性たんぱく質です。脳は主に、神経細胞(情報伝達能)とグリア細胞(神経細胞分化能)によって構成されていますが、NGFが脳のグリア細胞から産生されており、これが増加することで、神経細胞合成能が高まると考えられています。

 

<NGFの経口投与は効果がない?>

NGFはそのまま経口投与しても、高分子蛋白であるため脳へ移行(脳血液関門を突破)できません。脳内移行させるためには、脳内注入する必要がありますが、この方法は実際には非常に大きなリスクとなります。

 

ヤマブシタケとは?

<ヤマブシタケとは?>

ヤマブシタケとは、針状の突起を複数持つ白色の食用キノコで、中国では四大山海珍味に数えられ漢方薬としても使用されています。栄養豊富で、たんぱく質・脂肪・炭水化物の他に十数種類のアミノ酸を含んでおり日本においては、人工栽培もおこなわれています。歯ごたえのある食感から美味であるとの声もあります。NGFの活性成分とされる『ヘリセノン(ヘリセノンA~Hまで存在)』という物質を含有しています。これら8種類のヘリセノンのうち、D体が最も活性が強いとされています。

 

<ヤマブシダケのNGF合成の機序>

NGFが合成される条件としては、以下の2点が挙げられています。

 

◆カテコールアミン(エピネフリン、ノルエピネフリン、ドーパミン)の分泌が増加した際、

◆ヘリセノン類(ヘリセノンD)が増加した際

 

⇒『ヘリセノン』は脳血液関門を突破する。

神経細胞のアストロサイトにおいてNGFが分泌されれば、神経再生を有利に進行させることができると考えられています。

 

臨床試験の結果は?

人への臨床試験を含んだ3例の試験内容がトクホ株式会社のホームページで公開されています。

 

◆ホクト株式会社と東北大学大学院薬学研究科による神経細胞培養実験

<対象>

培養ヒト神経細胞

 

<実験内容>

培養ヒト神経細胞にヤマブシタケ抽出液(100μg/ml)を加え、24時間培養する。

 

<結果>

培養液中にNGFの分泌を測定できた。

 

◆ホクト株式会社と東北大学大学院薬学研究科によるマウスを使用した実験

<対象>アミロイドβ蛋白投与マウス

 

<実験内容>

マウスを2グループに分け、1)ヤマブシタケ乾燥粉末5%含有飼料と、2)通常飼料を3週間与える。7、14日目にマウスへアミロイドβ蛋白を投与し、21日目に認知機能試験を行う。

 

<結果>

ヤマブシタケ含有飼料を与えたグループの認知機能障害を抑制する効果が見られた。

 

◆ホクト株式会社と東北大学大学院薬学研究科による高齢患者への臨床試験

<対象>平均年齢75歳の認知症患者を含む50名(療養病床に入院中)

 

<実験内容>

上記の50名に6ヶ月間、ヤマブシタケ5gを食事に加えるなどして毎日服用してもらう。通常の食事の患者50名と比較。

 

<結果>

FIM値(自立度を測る国際的評価基準)を調べた結果、ヤマブシタケ摂取グループは認知症患者全員(7名)の自立度がアップした。また、要介護度5認定患者全員(3名)が要介護4に改善した。

(参考ホームページ:香川大学農学部、ホクト株式会社)

 

現在、様々な大学でヤマブシタケの認知症治療薬としての研究が行われています。ヤマブシタケは、上記のように食用であることから自生しているものを採取して食べることは可能ですが、種類の取り違えなどにより重篤な毒性を呈する場合があります。

専門的な知識がない場合は、できる限り通販で購入する、サプリメントで摂取するなどして採取しない方が安全と言えます。

 

 

認知症改善の効果があるとされる『イチョウ葉』、その実際とは?

6年間の臨床試験で『イチョウ葉』に認知症への効果は見られなかった

『イチョウ葉』エキスは、中国では漢方として500年の歴史があり、日本でも現在多数の健康食品メーカーから『認知機能、記憶力の改善』に効果があるとして販売されています。しかし、近年その効果を覆す研究が発表されました。

米バージニア大学の研究によると、【6年間の臨床試験の結果、認知機能改善の効果が見られなかった】とされています。また、長期間の摂取により含有成分『ギンコール酸』の毒性も懸念されており、摂取する際には十分注意が必要です。

 

以下では、その詳細について見ていきたいと思います。

 

イチョウ葉とは?

一般的に市販されている『イチョウ葉』サプリメントは、イチョウ葉を粉末にしたものであるようですが、ドイツで医薬品として販売されているものや日本でも日本健康・栄養食品協会に認可された商品は以下のような規格が定められています。

 

<イチョウ葉の成分規格>

◆フラボノイド・・・22~27%

◆テルペノイド・・・5~7%(ビロバライド:2.6~3.2%、ギンコライドA・B・C:2.8~3.4%)

◆ギンコール酸・・・5ppm以下

 

内容成分が調査された結果、米国や日本で販売されたものの中に基準を大きく上回る『ギンコール酸(下記参照)』が確認されたものがあり、注意が必要とされています。

 

<イチョウ葉とその他薬剤の併用について>

イチョウ葉エキスには血液の抗凝固促進作用があり、『アスピリン』など抗凝固作用を持つ薬との併用には注意が必要とされています。

 

<副作用とは?>

◆主な副作用

アレルギー反応

◆まれな副作用

胃腸障害、頭痛、スティーブンス・ジョンソン症候群、下痢、吐き気、筋弛緩、発疹、口内炎などが報告されています。

 

<『ギンコール酸』長期投与による毒性とは?>

ギンコール酸の毒性については、ニワトリの胚の培養神経細胞を用いた実験において、神経毒性を示すことが確認されています。作用機序としては、ギンコール酸がタンパク質の脱リン酸化酵素であるプロテインフォスファターゼを特異的に活性化させることで、神経細胞死(発がんの可能性)を引き起こす可能性があるとされています。

 

⇒しかし、直接裏付けるような報告はないとされています。

 

認知症患者への臨床試験の詳細について

イチョウ葉エキスを用いた、認知症患者の方への臨床試験は以下の例が報告されています。

 

◆米・バージニア大学医学部における高齢者の認知機能低下への有効性試験

<対象>

米国6か所の医療センターにおける認知機能正常または軽度認知障害の高齢者3069人(年齢72歳~96歳)

 

<試験内容>

イチョウエキス服用群と非服用群に分け、8年間(2000年~2008年)の経過観察。(エキス120mg/日×2回を服用)

 

<結果>

認知機能については、以下の項目において改善が見られなかった。【1.アルツハイマー病評価スケール(ADAS-Cog)、2.注意、3.視覚空間構成、4.言語、5.実行機能】

 

(アメリカ医師会雑誌(JAMA)の2009年12月23/30日号に掲載)

 

イチョウエキスに関する有効性があるという報告もいくつか存在するようですが(ベルリン大学における研究など)、上記の臨床試験と比較して試験期間が短い、検証が十分でないなど科学手根拠に乏しいという指摘があります。またギンコール酸の毒性に関する問題もあり、市販の健康食品として摂取する分には十分な注意が必要と言えそうです。

 

 

咳止め薬のメジコンは、認知症の問題行動「BPSD」改善に有効性がある?

咳止め薬であるメジコンとは、風邪症状に一般的に処方される薬ですが、近年の研究で中枢性の鎮静鎮痛作用があることが明らかにされており、「認知症の問題行動(BPSD)」の改善に有効性があることが示されています。

 

メジコンはその代謝物が興奮性神経のグルタミン酸受容体を拮抗する作用があり、これによって認知症の陽性症状と言われる「攻撃性・暴力・激越・徘徊」などを改善する可能性があります。

 

メジコンとは?

メジコンは、非麻薬性の咳止め薬で、脳内にある延髄中枢に対して直接作用することで、咳中枢を抑制するという働きを持つ薬です。

 

<メジコンのBPSDへの作用機序は?>

CYP2D6という酵素によって生じる代謝物が、興奮性神経であるNMDA(アスパラギン酸)受容体を拮抗し、神経伝達物質のグルタミン酸の遊離を促進すると考えられています。

 

<メジコンの適応は?>

日本においては精神疾患には適応はありませんが、アメリカにおいては(メジコン+キニジンの合剤が)神経疾患や脳損傷などによる神経障害の一種である「仮性球情動(多様な感情表出がコントロールできない疾患)」の治療薬として認可が下りています。

 

キニジンは、代謝酵素CYP2D6を阻害することによって、メジコンの持続時間の延長する効果が確認されています。

 

<その他の有用性(主に補助薬としての使用)>

■神経障害性疼痛(帯状疱疹後の神経痛など)の緩和

■双極性障害の症状の安定化(デパケンとの併用による)など

 

<メマリーとの併用は可能?>

メマリーもメジコンと同様に、NMDA受容体拮抗作用によるものであるため、効果が増強され、副作用として「めまい・頭痛」が現れる可能性が高まるとされています。併用には注意が必要です。

 

<主な副作用は?>

悪心(0.96%)、眩暈(0.37%)など

 

臨床試験の結果

■アルツハイマー病へのメジコン投与で、認知症の問題行動改善が見られた(JAMA誌)

 

【試験内容】

220名のアルツハイマー型認知症が疑われる患者さんを対象に、メジコンの合剤服用群と、偽薬群とに分け、5週間毎2段階の評価を行う(認知症の問題行動・衝動性の変化などに関して)。

 

【結果】

・メジコンとキニジンの合剤の使用により、認知症による衝動性や興奮などの問題行動は有意に抑制された。

・1期と2期の、いずれの時期においてもその改善効果は認められた。

・使用による有害事象には、「転倒・下痢・尿路感染症」が認められた。

 

⇒現状同じ目的に使用されている、抗精神病薬や抗うつ剤と比較すると、有害事象が少なく効果のある点では優位性があると考えられている。

 

ただ、メジコンを服用する際に重要なことは「MAO阻害薬」と併用禁忌であるという点です。

 

MAO阻害薬はセロトニン分解を阻害するモノアミン分解酵素阻害作用があるため、セロトニンを増加させる作用のあるメジコンとの併用は、「セロトニン症候群」を引き起こす可能性があるとされており、注意が必要です。

(参照ウェブサイト:六号通り診療所所長のブログ)

 

(photo by:http://pixabay.com/ja/%E4%BA%BA%E9%96%93-%E8%84%B3-%E6%80%9D%E3%81%86-20424/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

認知症に関する記事

気を付けたい認知症の随伴症状と対処法とは?

認知機能の低下に伴い、欲求の制御が難しくなることがあります。欲求には様々...

時間で変わる脳血管性認知症の症状の波!「まだらボケ」っていったい何?

  脳血管性認知症の特徴は、日内変動で脳の覚醒の仕方が違い、その変動の差が...


認知症の治療、改善に有効なアートセラピーとリアリティオリエンテーションとは?

認知症の中でも見当識障害を持った患者を対象としたケアに、リアリティオリエンテ...

アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症、症状の違いは何?

  我が国の認知症の1位はアルツハイマー型認知症で、次いで脳血管性認知症となっ...

カラダノートひろば

認知症の関連カテゴリ

認知症の記事ランキング

人気体験談ランキング

介護・認知症のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る