カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. >
  5. 心臓病には左の少海を

健康診断・健康管理

心臓病には左の少海を

 

心臓の病を持っている人は左の少海(しょうかい)が少し触れるだけでも痛がることが多いです。東洋医学で言うと、少海は手の少陰心経(しょういんしんけい)の合水穴(合穴については足三里での説明参照)です。このつぼを詳しく紹介していきます。

 

 <このツボはどんなツボ?>

この少海は心経だからということもあるのですが、本当に反応が出やすいツボです。

 

詳しく説明します。

 

 ・心臓疾患にはかならず治療に入れたいツボ

メカニズムうんぬんよりも筆者が臨床で見た時に左の少海の圧痛が顕著で患者さんが痛がっていたのを覚えています。右もよく効くのかもしれませんが、左は全く違います。

東洋医学的にいうと心臓から他の場所を数か所回ったのち、最終的に尺骨神経の走行で流れるようになっているので、東洋医学的にはつながっていることになります。このツボは重要なツボです。 

 

心経と心包経の違い…心経は心臓そのものが悪い時に使います。心包経は他の臓器などの影響により悪くなる時に使います。

 

 ・精神疲労に

心は精神的な活動も司っているので、ストレスなどにもよく効きます。背中にある心兪(しんゆ)も同等に心臓も、心も癒してくれます。

 

 ・頭痛にも

頭部の充血によっておこる病に効きます。目の充血、鼻血、片頭痛など。

 

 

・尺骨神経痛に

このツボは尺骨神経上にあるので尺骨神経痛によく効きます。神経の痛みの緩和などはその神経への鍼のアプローチでできるので対症療法的にはなりますがよく効きます。

ただ、マッサージや指圧は控えた方がよいかもしれません。尺骨神経痛は痛いです。

 

 <ツボの場所&押し方>

肘を曲げると線ができますがその内側の端が少海です。

先ほどから述べているように病をお持ちの方はかなり痛がります。なのでやさしく軽く、少しずつ焦らずに凝りをほどいていくことが肝心だと思います。

 

場所は写真参照(豚足みたいですみません)

 

心臓疾患、脳梗塞、悪性腫瘍と3大疾病がありますが、このうち2つはこの経絡にかかわってきます。そんな現代に必要なツボなのかもしれません。また精神的な部分の治療にも使えるのでストレスも含まれます。現代病に打ち勝ちたいものです。

 

(Photo by: 著者)

 

著者: トシさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手に関する記事

乗り物酔いもこれでバッチリ!

  乗り物酔いしやすい人におススメの内関(ないかん)というツボをご紹介します。...

手にある奇穴いろいろ

     ツボには経脈に属さない奇穴(きけつ)と呼ばれるものがあります。 ...


手に水虫ができたら、お灸をしよう!

       水虫とは白癬菌の感染によって起こる病気です。   水虫は...

応急処置に効くツボ

  ツボの中には症状が出たその時に、対処法として効果のあるツボがあります。ここ...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る