カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 予防 >
  5. BMIの計算、見方を覚えよう!心臓病の予防は「太らない」が基本

生活習慣病

BMIの計算、見方を覚えよう!心臓病の予防は「太らない」が基本

 

生活習慣病からくる心臓病の予防には、生活習慣の改善が第一です。

なかでも「肥満」がさまざまな病気に大きな影響を及ぼします。

 

BMIでみる自分の肥満度

BMI:ボディマス指数(body mass index)は、体重と身長の関係から算出される「肥満度」を表す体格指数です。

 

  BMI=(体重 kg)÷[(身長 m)×(身長 m)]

 

例えば、身長160cm、体重60kgなら、

60÷(1.6×1.6)=23.4375

となります。

 

国ごとに肥満の判定基準は異なっていますが、日本ではつぎのように定められています。

低体重(痩せ型) 18.5未満
普通体重 18.5以上、25未満
肥満 (1度) 25以上、30未満
肥満 (2度) 30以上、35未満
肥満 (3度) 35以上、40未満
肥満 (4度) 40以上

肥満度2度、BMI=30以上なら、生活に気をつけましょう。

BMIは、かんたんに自分で計算できますから、ぜひ自分の肥満度を。

 

やせ過ぎも太り過ぎもだめ

日本肥満学会では、BMI=22の人がいちばん病気にかかりにくい、としています。

BMIが高い人の医療費は、やせている人の平均1.3倍、という調査もあります。

それだけ肥満は病気の原因になり得るという傾向がここからもわかります。

 

とくに家族に心筋梗塞や狭心症の方がいる場合には、遺伝的にも動脈硬化を起こしやすい体質である可能性もありますし、生活環境にもリスクがあると考えられます。

BMIはあくまでも簡易の肥満の目安で、かくれ肥満などは見つけにくいのですが、肥満への意識付けが大切。

 

今は健康でも、健康管理を心がけることが大切です。

BMI値標準の値に近づけることから始めてみませんか?

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/10/27-341527.php)

 

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

歯周病を予防して心筋梗塞を防ごう! 歯周病菌と心筋梗塞って関係あるの?

心臓病は心疾患ともいい、全身に血液をめぐらせるポンプの働きをしている心臓が何...

心機能強化・高血圧改善に☆簡単美味【イカのポン酢焼き】レシピ

人は興奮したり、ストレスがたまったりすると、体内でカテコールアミンという昇圧因子...


心臓病を未然に防ぐために…知っておこう!生活習慣病のひとつ、心臓病の4つの予防法!

  心臓病は普段のライフスタイルが大きく関係する、【生活習慣病】のひとつで...

食生活の改善するだけで、生活習慣病「心臓病」の発症リスクを下げられる!

 生活習慣病のひとつである、心臓病。 生活習慣病と言われている程ですから、...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る