カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 後遺症 >
  5. 高齢者の骨折で心配な後遺症~患部編

介護・認知症

高齢者の骨折で心配な後遺症~患部編

高齢者の骨折で心配される、患部(骨の整復・癒合など)の後遺症を挙げます。

 

変形治癒

折れた骨が、本来あるべき位置からずれたまま癒合(くっつく)した状態です。

見た目でも明らかに変形している、曲っているほどひどい場合もあります。骨折部位によっては、歩行や細かい作業ができなくなり、日常生活に支障が出る機能障害も起こります。

変形治癒は、整復・矯正が不十分、患部を固定していた器具がずれてしまうといった原因が考えられます。

高齢者は骨折の回復が遅く、長期間の固定が必要なので、途中でずれていないか注意が必要です。認知症では、固定する理由が分からない、納得できずに自分から固定具を外してしまうケースもあります。

 

 

骨壊死

骨折した部分への血液供給が途絶え、骨の一部が壊死します。

骨折部が分離している状態で起こりやすく、高齢者の股関節・大腿骨頸部の骨折に多く見られます。

大腿骨頸部を骨折する際に、その周辺にある血管も損傷しやすいのも一因です。血流を阻害する喫煙は、骨壊死のリスクを高めます。

強い痛みや慢性的な炎症を伴うこともあり、機能障害や重大な後遺症につながりかねません。

骨壊死によって骨の癒合ができず、患部が関節であるかのように動く「偽関節」を生じる恐れもあります。

 

過剰仮骨

骨折によって骨が欠損すると、その部分を埋めるために新しい骨組織が発生します。これは不完全な骨で、「仮骨」といいます。

仮骨が形成されると、患部にコブのような膨らみができます。この仮骨は次第に吸収されていきますが、仮骨が過剰に形成されると、吸収しきれずに残ってしまいます。

不十分な整復・矯正が原因で起こりやすく、痛みや運動障害を伴うケースもあります。

 

これらの後遺症を生じないためにも、高齢者の骨折には早めに気づき、治療と経過観察をしっかり行うことが重要です。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2008/08/24-006997.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

後遺症に関する記事

骨折後の高齢者が抱く「転倒恐怖感」とは

高齢者の骨折で懸念されるのは、身体的な後遺症ばかりではありません。骨折を機に消...

骨折後の高齢者から転倒恐怖感を遠ざける対策!

骨折した高齢者が、転倒恐怖感に陥らないための対策を挙げます。   積極的...


高齢者の骨折で心配な後遺症~痛み編

骨が完全に癒合したのに、痛みの後遺症に悩まされる高齢者もいます。痛みの種類や...

骨折後の高齢者が抱く転倒恐怖感をチェックリストでチェック!

  骨折した高齢者が、完治後も転倒に対する恐怖から歩行を控える「転倒恐怖感...

カラダノートひろば

後遺症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る