カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 子どもがケガで出血した時はこんな処置を

育児

子どもがケガで出血した時はこんな処置を

子どもがケガで出血した場合の処置をまとめました。 

 

家庭内でできる処置

①傷口はよく洗い流しましょう

すり傷、切り傷、刺し傷などの傷はまずは水道水でよく洗い流してください。切り傷はできるだけ中までよく洗ってください。ただし、無理に傷口を開く必要はありません。

 

②市販の消毒薬を塗りましょう

傷口が小さく浅く、出血が少ないようであれば、市販の消毒薬をつけるだけで自然に治ります。刺さったものが水で洗い流したり、手で取れないうまく取れない時は、消毒したとげぬきでつまんで抜きましょう。刺さったものが中に残ったときは病院を受診してください。

 

③出血が続いているときはばんそうこうを

出血が多少続いているときは、きれいなガーゼなどでしばらく傷口をギュッと押さえてからばんそうこうを貼ってください。

 

こんな時は病院へ

古クギやきたないものが刺さった

傷口を水道水で洗い、出血が続くときは止血します。きたないものが刺さった場合は、化膿したり破傷風に感染する心配があるので、早めに病院を受診してください。

 

口の中の粘膜が切れてしまった

口の中の傷は、出血があっても傷口が赤くなっている程度なら自然に治ります。大きく切れて傷口が開いてしまったときは、病院を受診してください。

 

刺さったものが中に残って取れない

刺さったものが中に残ってしまうと、それがもとで化膿します。うまく取れないときは無理をしないで、病院で取ってもらいましょう。

 

犬に噛まれた

出血していたら水道水でよく洗い流し、消毒薬を塗って病院へ行きましょう。動物の口の中には細菌が多く、小さな傷でも化膿してしまうことがあります。また、飼い主が分かる場合には、犬に予防接種しているかどうか確認してください。あざ程度であれば、冷やして様子をみます。

 

出血がひどい

出血が多い時は、傷口より心臓よりの動脈(わき、足の付け根)をハンカチやタオルなどできつく抑えて、すぐに病院を受診しましょう。

 

こんな時は救急車を

子どもの傷口が大きくて深い

傷口が大きくて深い時は出血量も多くなります。止血をして、水道の流水で傷口を洗いましょう。そして、救急車が来るまで傷口を心臓よりも高い位置にあげた状態で待ちましょう。

 

出血が多くて止血がうまくできない

傷口がよくわからないときは、傷口より心臓に近い部分を圧迫するか、傷がある部分全体をバスタオルなどで強く圧迫して止血してください。

 

子どもがぐったりしている

出血が多いと、子どもがショックを起こすことがあります。顔色が青く、冷や汗が出るなどの症状がある場合は、救急車が来るまで頭を低くし、足を高くしておきましょう。

 

 子どもがケガをすると、心配ですよね。

ケガの処置を知っておくだけで、万が一の時に対応が変わってきます。

是非、ご活用ください。 

(Photo by:http://www.ashinari.com/ )

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

子どもにヒドい切り傷が…切り傷から発症する心配な感染症とは?

子どものケガは時と場所を選びません。最近は国内の衛生状況の改善により、室内で...

誤食に注意!子どもが誤食しやすいものと応急処置

  大人なら間違えるはずがなくても、子どもからすれば美味しそう、食べられそ...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る