カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性関節症 >
  4. 検査・治療 >
  5. 変形性関節症は即行動で早期治療!

関節痛・腰痛

変形性関節症は即行動で早期治療!

 

【もと通りに治すことはできなくても治療は重要】 

変形性関節症を起こすと、一度すり減ってしまった軟骨や変形した関節をもと通りに治すということはできません。しかし、症状が悪化する前の正しい診断と正しい治療を行えば、痛みや腫れなどの症状を緩和させることができ、進行を少しでも食い止めることはできるのです。

年齢を重ねるごとに「病気になっても歳だから仕方がない」「少しくらいは我慢できる」と諦めて、自分だけで解決しようとしても、最終的には関節は変形し、歩行することも困難になり、いずれは介護の必要な生活になってしまいます。

骨が老化する年齢になっても、人の手助けを出来るだけ少なく健康的に過ごすには、定期的に病院に通院することも、安心して生活を続けるためには必要なのです。

 

【機能低下をふせぐための薬物療法】 

変形性関節症の治療では、一番多く取り入れられる方法です。痛みや炎症が治まらないかぎり、リハビリを開始することもできませんし、症状の酷い人であれば直ぐに普段の生活に戻ることすら困難でしょう。

主に薬物として取り入れられているのは非ステロイド性抗炎症薬という痛みの発生した場所の炎症を抑え、脳の視床下部に働きかけて熱を下げる効果がある薬です。最近市販されるようになった飲むタイプの薬剤「ロキソニン」も非ステロイド性抗炎症薬です。その他にも同じ成分を配合した湿布薬もあるので、医師と相談してから服用するようにしましょう。まれに、湿布薬や塗り薬の場合には蕁麻疹やかぶれなどを起こすこともあるので十分な注意が必要です。

 

【薬剤を注入して一時的に痛みと炎症をとる】 

関節内にヒアルロン酸ナトリウム製剤ステロイド製剤を注射器で注入することで、一時的には痛みと炎症をとることができます。しかし、ステロイド製剤の場合には頻度が増えると軟骨がさらに減ってしまうこともあります。また、化膿性関節炎にかかる可能性もあるので、リスクのある方法だともいえます。とはいえ、日常生活に支障をきたしてしまうほどであれば、ヒアルロン酸ナトリウムの注入がおすすめできるでしょう。

かなりの施術回数をこなしている専門の医師のもとで受ければ安心でき、関節の痛みや炎症を抑え、動きも良くなり、軟骨の摩擦も防ぐ効果があります。ただしヒアルロン酸ナトリウム製剤は個人差はありますが、もって半年程度で体に吸収されてしまうので、定期的な施術が必要です。 

費用は保険適用の場合でも1回3,000円程度はかかるといわれています。

 

 

【突発的な痛みや腫れ、どう対処するのが適切か?】 

仕事中や外出時に突発的に起こった痛みや腫れについて、多くの人は正しい知識を持っていないと思います。痛みや腫れを起こしている時というのは、その部分が熱を持って炎症している状態です。そのため、痛みや腫れの時には「冷やす」と良いのです。慢性的に膝の痛みを感じていても腫れなどが無い場合には温めるほうが良く、この処置の使い分けで早めに対処し、進行を防ぐこともできます。

また、動いていれば治るなど痛みを我慢して無理に動かしたり、ストレッチを行ったりすることもよくありません。

 

【治療の遅れが変形性関節症を悪化させる】 

早期に治療を開始すれば、変形性関節症を怖れることもありません。長い付き合いになる症状かもしれませんが、生活習慣の見直しや、ダイエットのきっかけになるなど治療によって健康体になれる可能性もあります。もし、少しでも関節の痛みを感じているのであれば、一日でも早く正しい診断を受けるようにしましょう。 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/31-374622.php])

著者: lulaさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

変形性足関節症で最終的に行われる2つの手術とは?

  年齢と共に体を構成する骨や靭帯などは老化していきます。足関節でいれば年齢と...

変形性関節症には原因があった!根本的解決への希望

  東大病院の研究グループが変形性関節症の原因物質を発見し その物質がどうや...


人工肘関節置換術で起こる可能性がある合併症

  加齢とともに体の機能は衰えていきますが、特に膝や股関節といった骨と骨をつな...

人工肘関節の3タイプ

  肘は膝と違って体重によって日々負担がかかるものではありませんので、比較的負...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る