カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 後遺症 >
  5. 骨折後の高齢者が抱く転倒恐怖感をチェックリストでチェック!

介護・認知症

骨折後の高齢者が抱く転倒恐怖感をチェックリストでチェック!

 

骨折した高齢者が、完治後も転倒に対する恐怖から歩行を控える「転倒恐怖感」は、骨折の後遺症の1つといえます。

転倒恐怖感の有無を測定するチェックリストを紹介します。

 

MFES

転倒せずに日常動作を行う自信の強さを測る指標となるMFESは、以下14項目の質問からなります。

高齢者に質問して、「まったく自信がない」の0点から「完全に自信がある」の10点まで、1点刻みに答えてもらい、合計点から判断します。

(例:まあまあ自信がある→5点、少ししか自信がない→3点…のように)

 

◆設問・次の動作を転倒せずに行う自信はどのくらいですか◆

1)衣服の着脱

2)食事の支度(調理・配膳)

3)入浴

4)椅子に座る・椅子から立ち上がる

5)布団(ベッド)に入る・布団から起き上がる

6)来客(玄関・戸口まで出迎える)や電話の応対をする

7)屋内で、廊下や畳の上を歩き回る

8)戸棚・タンス・物置まで歩いて行く

9)軽い家事をする

10)軽い買い物をする

11)バスや電車を利用する

12)道路(横断歩道)を渡る

13)庭いじりをする、または洗濯物を干す

14)玄関や勝手口の段差を越す

 

以上の質問で合計点が低いほど転倒に恐れを感じ、110点未満なら、「転倒恐怖感がある」とします。

 

「骨折した高齢者」というひとくくりで、転倒恐怖感を語ることはできません。

たとえば骨折部位によっても差があり、大体頸部を骨折した高齢者は、他の部位を骨折した場合よりも転倒恐怖感がかなり強いという傾向にあります。

骨折の程度・治療内容・リハビリ状況が、MFESの結果に作用します。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/31-366465.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

後遺症に関する記事

骨折後の高齢者が抱く「転倒恐怖感」とは

高齢者の骨折で懸念されるのは、身体的な後遺症ばかりではありません。骨折を機に消...

骨折後の高齢者から転倒恐怖感を遠ざける対策!

骨折した高齢者が、転倒恐怖感に陥らないための対策を挙げます。   積極的...


高齢者の骨折で心配な後遺症~痛み編

骨が完全に癒合したのに、痛みの後遺症に悩まされる高齢者もいます。痛みの種類や...

高齢者の骨折で心配な後遺症~患部編

高齢者の骨折で心配される、患部(骨の整復・癒合など)の後遺症を挙げます。 ...

カラダノートひろば

後遺症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る