カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 無月経症 >
  5. 排卵できない病気「多嚢胞性卵巣症候群」と子宮体癌の関係

女性のカラダの悩み

排卵できない病気「多嚢胞性卵巣症候群」と子宮体癌の関係

皆さんは、多嚢胞性卵巣症候群という病気についてご存知でしょうか?この病気は、卵巣に起こる排卵障害の一種で、卵胞(卵子を入れる袋のようなもの)が発育するのに時間がかかり排卵(満期が来て卵子を放出する)が困難になる症状です。

 

エコーによる検査を行うと、卵巣中に成長半ばで止まってしまっている卵胞が卵巣の縁に沢山並んでいるのが見られます。この病気は思春期の若い女性などに非常に多い病気で、10人に約1人はこの病気を持っていると言われています。

 

排卵が出来ないことによって妊娠が成立しないことに加え、不随して起こる症状であるプロゲステロン(排卵促進、卵胞の黄体化促進)の分泌低下とアンドロゲン(男性ホルモン)の分泌増加により、子宮体癌を発生させるリスクを高めるとも言われています。

 

この病気に気が付くきっかけは、多くは月経不順によるもののようですが、月経に問題があると分かった時点で、早めに婦人科への受診を行う必要があります。

 

多嚢胞性卵巣症候群の特徴について

多嚢胞性卵巣症候群の自覚症状としては次のものがあります。

1)月経周期が35日以上と通常より月経が遅い。

2)月経が以前より不規則になった。

3)にきびが多い。

4)やや毛深い。

5)肥満である。

などがあります。

 

これはプロゲステロンの分泌減少と、アンドロゲンの分泌増加による作用で、特に注目すべきは肥満に関してです。

 

プロゲステロンはインスリン抵抗性を高める作用があり(インスリンが分泌されているにも関わらず、血糖値が下がらない)またそのインスリン抵抗性が高まることでアンドロゲンの分泌が高まり、さらにプロゲステロンが減少したことで、エストロゲンの分泌を抑える物質が減少したことから、アンドロゲンとエストロゲンが増加しこれが癌に栄養を与えることで、子宮体がんの発症リスクが高まるということです。

 

<その他の症状について>

1)高アンドロゲン血症

2)高プロラクチン血症

3)卵巣の酵素異常

 

多のう胞性卵巣症候群と子宮体癌の関係

多のう胞性卵巣症候群になると、エストロゲン値が上昇し、プロゲステロン値が低下します。エストロゲンは乳腺や子宮など女性器官への作用を強く持つホルモンで、そのため、エストロゲン過多が持続すると、乳腺や子宮内膜へ過剰に働きかけることになり、それらの正常な状態を維持できなくなります。

 

ホルモンバランスが正常な場合は、抗エストロゲン作用のあるプロゲステロンが、暴走しようとするエストロゲンを鎮めます。しかし、手綱を締める役割のプロゲステロンが不足したとき、次のような弊害が生じるのです。

 

1)乳腺を刺激し、良性乳腺疾患、乳がんの発症率を高める 

2)子宮内膜増殖症を起こし、子宮内膜症や、子宮内膜がんの発症率を高める 

3)子宮筋腫の発育を促進する

 

特にエストロゲン依存のがんにとっては、エストロゲン過多の状態になってしまうことは大変危険です。エストロゲン依存とは、がん細胞にエストロゲン受容体が存在し、エストロゲンががんの栄養になり、その発生・増殖を促進してしまうことを指すことを言います。

 

多嚢胞性卵巣症候群と診断される基準とは?

多嚢胞性卵巣症候群であると診断される要素には、以下の3点全てを満たす必要があります。方法としては、血液中ホルモン検査や卵巣の超音波検査によって診断されます。

 

1) 月経異常 がある。

2) 卵巣中に多嚢胞が見られる。 

3) 血中の男性ホルモンが高値、またはLH(黄体化ホルモン)が高値かつFSH(卵胞刺激ホルモン)が正常

 

治療法とは? 

治療法には、妊娠の希望があるか無いかによって異なります。

 

◆妊娠の希望がない場合:月経を周期的に起こすことを目標にする。

低用量ピルを生理の1日目より3週間服用し1週間休むというサイクルを繰り返します。

 

◆妊娠の希望がある場合:排卵誘発剤を用いて排卵日を安定化させる。

排卵誘発剤クロミフェンを生理の5日目から5日間、連続で服用します。約8割の女性は排卵を起こすとされています。このサイクルを3周期反復投与しても排卵が見られない場合は、他の治療法に変えるほうが望ましいと言われています。

 

◆手術による治療

腹腔鏡下手術(腹腔鏡下手術は卵巣の表面に多数の小さな穴を開け、排卵を促す方法です。) 

  

上記でも述べましたが、この病気を持っていることで子宮体癌の発症のリスクが高くなるという恐さがあります。さらには糖尿病、高血圧症、高脂血症、動脈硬化症などの内分泌異常にも進展しやすいということも言われています。

 

この記事を書いている著者も、10代にこの病気を患っていたことがあり、またその時診て頂いていた主治医の方もこの病気を発症した経験があるとおっしゃられていました。

 

女性にとっては身近な病気のようですが、本来であれば妊娠の希望の有無に関わらず、発見され次第早期に治療しておくことが必要であるように思います。 

(photo by://www.photo-ac.com/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

無月経症に関する記事

早く閉経するのは何が原因?本当に閉経しているの?早発卵巣不全について

一般的には50歳前後で閉経になると言われていますが、最近は、卵巣機能低下症の...

妊娠ではないのに生理がこない!それは無月経症かもしれません

  本来なら月経は性成熟期を迎えた女性には必ず訪れるものなのです。しかし、何らか...


無月経は放置しないで!骨粗しょう症との怖い関係

  閉経後の女性は、骨密度が減少し、骨粗しょう症になりやすくなります。しか...

多嚢胞性卵巣症候群と糖質制限について

  インスリン抵抗性が高いと排卵できない?!多嚢胞性卵巣症候群と糖質制限に...

カラダノートひろば

無月経症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る