カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 膠原病 >
  5. 風邪の後の突然の脱力症状は、ギランバレー症候群の可能性

気になる病気・症状

風邪の後の突然の脱力症状は、ギランバレー症候群の可能性

風邪の後、突然左右の手足の脱力症状があったら…ギランバレー症候群の可能性があります。

 

ギランバレー症候群

ギランバレー症候群と言う病気についてご存知でしょうか?この病気は、ある日突然、左右対称性の手足の脱力症状を生じる病気です。

 

この脱力症状の程度は、患者ごとに非常に異なり、脱力症状によって力は入らないが、何とか歩ける軽度のものから全身が動かず呼吸が困難になり、呼吸器が必要となって寝たきりになるなど重度のものまで様々です。

 

この病気の仕組みは、神経細胞の髄鞘(神経の軸の周りを囲むカバーのようなもの)が自己抗体により障害を受けることで(脱髄)、神経伝達が上手くいかず運動障害を呈します。

 

発症のきっかけとしては感染症によるものですが、脱髄を起こす原因は自己免疫の異常によるものです。

 

<神経組織について>

神経の種類には、中枢神経と末梢神経があります。

 

中枢神経は脳や脊髄に、末梢神経はここから体の各部位に分布しています。末梢神経から送られてくる情報を受けて、中枢神経が指令を発するという役割を果たしています。ギランバレー症候群では、末梢神経の運動神経と感覚神経に障害が起こります。

 

上記でもご説明しましたが、障害が起こるのは、髄鞘という神経のカバーの部分です。

 

通常はこの部分が絶縁体となり、電気信号が漏れることなく迅速に伝わりますが、損傷があることで電気信号が遅延したり、遮断されるということが起こります。その結果、力が入りにくくなったり、感覚鈍麻も起こります。

 

<原因と症状について>

ギランバレー症候群の原因は、自己免疫の異常によるものです。発症のきっかけになる要素には、カンピロバクターやサイトメガロウィルスなどのウイルスが関係していると言われています。

 

このような感染症にかかった後1~2週間経過して、急速に手足の脱力症状と感覚低下が現れます。通常は足など下半身の脱力から始まり症状が進行するにしたがって、徐々に上半身や頭部の運動機能や感覚が無くなります。

 

一般的には1ヶ月程度で症状はピークに達し、その後は徐々に快方に向かうとされています。3~6ヶ月程度で症状は治まりますが、10%~20%の患者さんは、後遺症を残します。また5%は死亡すると言われています。

 

<検査方法>

検査に関しては、以下の方法を用います。

 

1)膝蓋腱反射…ハンマーで膝を打ち、反射があるか確かめる。

2)筋電図検査…末梢神経の伝達速度を測る。

3)血液検査…自己抗体である抗糖脂質抗体の検出を調べる。

4)髄液検査…腰椎穿刺検査を行い、蛋白や細胞数を調べる。

 

<治療法>

免疫グロブリンの大量静注療法、または血漿交換療法を行う。

 

 

この病気の回復が不良な患者さんに、年齢が60歳以上やカンピロバクター(食中毒菌)に感染した場合などがあげられるようです。しかし、早期のすばやい処置が経過を良好にさせたとの報告もあります。

 

もし急な脱力症状などが現れた場合は、すぐに神経内科を受診されることをお勧めします。

(photo by://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膠原病に関する記事

自宅でも血球数を自己測定できる!その必要な器具と手順について

シェーグレン症候群は、乾燥症状・慢性疲労・関節痛を中心とした自己免疫疾患です...

『鍼灸刺激』によって免疫寛容は起こせる?!自己免疫疾患の動物実験結果について

近年、自己免疫疾患の発症に関与する重要なサイトカインとして『IL-17』の存在...


シェーグレン症候群と妊娠・出産

ドライアイや口内の乾燥、皮膚乾燥など、全身の乾燥が起こるシェーグレン症候群。 ...

弱いステロイドのような効果?「ジインドリルメタン(DIM)」とは

抗炎症剤の中でも最も強力に炎症を抑えることのできるものといえば「ステロイド剤...

カラダノートひろば

膠原病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る