カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 全身 >
  4. 慢性疼痛 >
  5. 治療しても治らない歯の痛みは、「三叉神経痛」の可能性

気になる病気・症状

治療しても治らない歯の痛みは、「三叉神経痛」の可能性

 

治療しても治らない歯の痛みは、「三叉神経痛」によるものかもしれない?!

 

皆さんは、虫歯治療を行った後にピリッと来る痛みがいまでも続いている、ということはありませんか?もしかしたらその原因は三叉神経にあるかもしれない、というお話です。三叉神経痛とは、特に高齢者の女性に良く見られる病気で、その発症率は100万人に4~5人と稀とも言える病気で、顔面にピリッとした突発的な数秒の痛みがあるのが特徴です


三叉神経とは、痛みなどを感じ取って脳へ伝える知覚神経の1つです。その名称の通り、脳幹部から左右に1本づつ出て、ちょうど耳の上部辺りから3方向に枝分かれして額、頬、顎へと伸び、この部位を支配しています。多くは、顔の片側のみに起こる痛みであるとされています。痛みのきっかけは、ほんのわずかな刺激(口を動かす、風が頬に触れるなど)でも起こるとされ、激痛が走る場合もあります。痛みの持続時間は数秒程度で、発作が終われば、普通の状態に戻ると言うのが特徴です。

 

三叉神経痛の原因とは?

 

三叉神経痛の原因は、三叉神経に対して血管圧迫が起こることで発症します。三叉神経の経路としては、脳幹と呼ばれる脳の中央部分から頭蓋骨の小さな穴を通って頭蓋骨外に出て、顔面に伸長しています。その頭蓋骨の穴を出た直後(神経入行部)において、直径1ミリ程度の血管により神経が圧迫され続けることによって痛みが生じます。血管が神経に当たって痛みが引き起こされるメカニズムですが、神経の軸(軸索)の周りをチューブのように覆っている被覆部(髄鞘)が圧迫によって取れてしまい、この部分において痛みを伝える電気信号がショートを起こすことが原因と考えられています。この刺激が慢性化することで、三叉神経核という神経細胞が興奮性を帯び、疼痛がより酷くなってしまいます

 

治療法について

 

治療法には、内科的治療法と外科的治療法があります。

 

◆内科的治療法…内服薬(カルバマゼピン、フェニトイン):神経細胞膜のナトリウムチャネルに作用し、神経細胞の異常興奮を抑制する。

 

◆外科的治療法…
1)神経血管減圧術:痛みが出ている側の耳の後ろの皮膚を、髪の毛の生え際に沿って5~10cm切開する。皮膚と頭蓋骨の間の筋肉を剥離し、頭蓋骨に穴を開ける。小脳と頭蓋骨の間にある隙間から、5~6cm奥に入り、脳幹部から三叉神経が出ている部分を見つけ、その周辺で神経を圧迫している血管を確認し、圧迫を取り除くよう移動させる

 

2)ガンマナイフ(定位放射線治療):多方向から放射線で深部の一点を照射し、痛みを取り除く。約50%~70%の人に効果があると言われている。

 

3)神経ブロック…三叉神経の走行に沿って、局所麻酔薬を注射する。

 

最後に

 

この病気の治療法には、様々な方法がありますが内服薬による痛みの抑制効果も限定的であり、悪化してくるとやはり外科治療が適応になるようです。神経血管減圧術は開頭手術ですので、恐がられる方も多いと思いますが、約30年間この手術を行われている病院によりますと、過去212例手術を行った実績で三叉神経血管減圧術の治癒率は約82%であり、良好であると述べられていました。顔の頻繁な痛みは大きなストレスにもなり、日常生活に支障を来たしてしまいます。いずれにしても手術を行うかは、医師やご家族との話し合いが重要になるように思います。
 

(photo by://pixabay.com/ja/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7-%E7%B5%8C%E5%8F%A3-%E3%82%B1%E3%82%A2-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3-%E6%AD%AF%E7%A7%91-%E8%A1%9B%E7%94%9F-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E5%81%A5%E5%BA%B7-18729/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

慢性疼痛に関する記事

疼痛薬『リリカ』に肝機能障害など重い副作用の報告!主治医に相談を

現在、神経性疼痛の治療薬として処方される『リリカ(プレガバリン)』に肝機能障害...

慢性痛(慢性疼痛)に効果的な脊髄刺激療法の調節方法 好みの刺激に調節しよう

  我慢できないような激しく強い痛みが続く慢性痛(慢性疼痛)の治療法として...


梅雨時の神経痛の原因は低気圧だった?「天気痛」について

「天気痛」って何? ◆低気圧を三半規管が感知して痛み物質を放出させる? ...

痛みを治療する「ペインクリニック治療」慢性痛に対しての治療の流れってどんなもの?

  まずはじめに、ペインクリニックとは何かご存知でしょうか?人間にとって最...

カラダノートひろば

慢性疼痛の関連カテゴリ

慢性疼痛の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る