カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 薄毛(AGA) >
  4. 育毛・増毛 >
  5. 発毛薬『ミノキシジルタブレット』の服用は、循環器疾患の危険性がある?!

男性のカラダの悩み

発毛薬『ミノキシジルタブレット』の服用は、循環器疾患の危険性がある?!

 

生え際の後退・頭頂部の薄毛などの原因となる、AGAの治療薬として有名なのが「ミノキシジル」ですが、その中でも塗り薬である「ミノキシジル育毛剤」と服用薬である「ミノキシジルタブレット」の2種類があります。2種類を併用することで単剤よりも発毛効果は高まりますが、医師の中には循環器系疾患につながる恐れがあるとして、処方をしない方針を示しているところもあります。以下では、ミノキシジルのリスクの詳細について見て行きたいと思います。

 

ミノキシジルのリスクとは?

 

ミノキシジルタブレットの説明書には、使用を控えるべき対象として「高血圧・低血圧で現在治療中の方」「狭心症等、心臓に障害のある方」と書かれています。


ミノキシジルは元々、血管拡張剤の一種として、高血圧の治療薬として開発されたものです。ですので、ミノキシジルの薬効は血管拡張(毛細血管を拡張させ血圧を下げる)ものですから、毛髪付近の血管も例外なく拡張され、頭皮全体の血行をよくする効果が確認されています。しかし継続して長期的な服用を続けると、血圧が下がりすぎて心配停止の可能性があることも指摘されています。さらに、厚生労働省のホームページでは、『ミノキシジルを含有する育毛剤の個人使用目的での輸入通関の取り扱いについて』というタイトルで、平成20年10月29日より「ミノキシジルの含有率が1%を超えている薬は、劇薬として取り扱う」ことになったということが伝えられました。


腎臓が弱まれば体の老廃物を排泄できなくなり血液が汚れ、心室肥大により心臓が大きくなれば不整脈や突然死のリスクが上がります。
血中カリウム濃度が上昇すれば、筋力低下だけに限らず不整脈を起こし、最悪の場合心停止を招く恐れもあります。使用前にはミノキシジルタブレットの情報をよく集め、自己責任で服用を決める必要があります。

 

最後に


以上のことからも、循環器系の検査を行わずにタブレットの服用を行うことは危険であり、できるかぎり個人輸入で使用しない方が良いと思われます。またプロペシアに関しても、肝機能障害などを始めとした副作用があることから、もし使用する場合には定期的な検査が必要となりそうです。発毛効果は期待できるかもしれませんが、かなり大きなリスクがあることを知る必要がありそうです。

 

 

(photo by://pixabay.com/ja/%E9%A0%AD%E7%9A%AE-%E3%81%BB%E3%81%8F%E3%82%8D-%E9%A0%AD-%E9%AB%AA-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88-55956/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育毛・増毛に関する記事

育毛効果が報告された『ブロッコリースプラウト』とは?

    抗酸化植物『ブロッコリースプラウト』の新たな効果 『育毛作用』 ...

ノコギリヤシ摂取で、『男性型脱毛症』が改善する?!頭皮の皮脂の減少が確認

AGAを始めとする脱毛症は、男性ホルモンの分泌に深くかかわりがあると言われてい...


推奨ランクはAだけど…フィナステリドの後遺症とは

  AGAには治療薬があります。さまざまな治療薬の中でも日本皮膚科学会によって...

薄毛を改善する?!フィーバーフューに含まれる『パルテノライド』について

ハーブの一種ナツシロギク(フィーバーフュー)と言えば、頭痛を抑える効果があること...

カラダノートひろば

育毛・増毛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る