カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳出血 >
  5. 脳出血は後遺症が残るの?脳出血を予防する大事なポイント

気になる病気・症状

脳出血は後遺症が残るの?脳出血を予防する大事なポイント

脳出血は、脳内で血管が破れて出血するという病気です。

高血圧の方、もともと脳血管障害のリスクが高い方は、特に脳出血に注意が必要です。

また、40-50代にみられやすい病気でもあります。

 

脳出血の後遺症ってあるの?

脳出血によってできる血腫が脳を圧迫して後遺症を発症することもあります。

脳出血の後遺症の多くは麻痺、運動障害、言語障害、精神障害の4つのうちどれかに分類されると言われています。

 

最も多いのは片麻痺で、体の左右どちらかがうまく動かないという症状です。

運動障害は片麻痺と非常に似ており手や足が動かない、ものを上手く飲み込めないという障害です。

 

言語障害では失語症が代表的です。

話すことも、人の話を理解することも出来なくなることがあります。

 

精神障害では感情の起伏が激しくなるなどの症状が出ます。

これは、脳の前頭葉が影響を受けているためと考えられます。

 

後遺症の対処

脳出血の後遺症が出ているなら、まずはリハビリテーションが必須です。

入院中にリハビリ科に通うこともありますし、通院治療としてリハビリテーション施設で1日数時間リハビリをすることもあります。

 

そして、社会生活が送れそうにない場合は、早めに障がい者手帳の申請をする必要もあります。

麻痺などは身体障がい者手帳の対象、高次脳機能障害があれば器質性精神障害となるので精神障がい者手帳の対象です。

 

介護認定・介護保険の利用も

脳出血の後遺症で介護を必要とする場合、家族だけではなく介護サービスを利用するのもひとつの方法です。

家族だけの介護だと、介護者が精神的に参ってしまう場合も少なくはありません。

介護保険の認定制度を利用してみてください。

 

脳出血の後遺症には麻痺や言語障害、精神障害があります。

脳出血の後遺症が出ているならリハビリと、介護や障がい者を支えるシステムの利用が必要です。

 

脳出血を予防する大事なポイント

脳出血の原因は、高血圧と脳血管障害にあると言われています。

脳血管障害を予防して脳出血を予防する方法を見ていきます。

 

努力でどうにもならない因子

脳血管障害になりやすい人は、40-50代で家族歴がある人と言われています。

家族歴、そして年齢についても変えられるものではないので予防の際にはあまり役に立ちません。

 

変えられる因子

一方で、同じように脳出血を引き起こす脳血管障害の予防でも努力次第でリスクを減らせる因子もあります。

食事、運動、たばこ、肥満などの因子です。

これらの因子は努力によって改善可能で、リスク減少にも役立ちます。

 

何をすればいいの?

では、具体的に脳出血を引き起こす脳血管障害を予防するためにすることを見ていきます。

 

まずは禁煙です。

煙草を吸っている方は脳に血が行きにくいので脳の血管が詰まりやすく、煙草を吸わない方と比べると2倍以上のリスクがあります。

煙草を吸っている方は禁煙から脳出血を予防しましょう。

 

食事については食物繊維の摂取、脂肪の減少を主な目的とします。

肥満は脳出血だけではなく、さまざまな生活習慣病に関わってくるので予防するのが望ましいです。

 

食事の前にサラダをまず食べる、野菜を煮てカサを減らして食べるなどの工夫がおすすめです。

脂肪については、肉の脂肪も控えた方が良いですがそれ以上におやつでの脂肪摂取を控えるのが大切です。

ついつい口さみしくなりがちなときは飲み物(ノンカロリーや低カロリーのもの)で紛らわすという方法もあります。

 

脳出血の原因となる脳血管障害の予防には、自分の努力でリスクを減らすことが必要とされています。

禁煙、食事などに気を遣って脳血管障害を予防し、脳出血のリスクも減らしていきましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/09/21/19/50/little-57495_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳出血に関する記事

くも膜下出血の後遺症~神経症状~

くも膜下出血は3分の1から半数が発症すると命を落とし、3分の1が後遺症を残す...

外科手術が一般的 慢性硬膜下血腫の治療に漢方薬が有用?

  慢性硬膜下血腫に対する治療は、外科手術が一般的とされています。内科療法でも...


なぜ起こる?くも膜下出血の原因・好発部位とは

一度発症すると恐ろしい病気という印象が強いくも膜下出血。どのような原因で起こ...

高齢者に多い慢性硬膜下出血 術後のリハビリではどんなことをするの?

慢性硬膜下血腫は、特に高齢者に多いとされています。数週間~2ヶ月程度でじわじわ...

カラダノートひろば

脳出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る