カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 髄膜炎 >
  5. 痛いってホント?髄膜炎検査

気になる病気・症状

痛いってホント?髄膜炎検査

髄膜炎は髄膜に細菌が入り込むなどの原因で炎症が起きる病気です。髄膜炎の疑いがあるときには髄液検査を行います。

 

●髄液検査とは

髄液検査とは腰の骨と骨の間にある髄液を、大きな注射器のようなものでとる検査です。髄液の見た目や細胞の種類、髄液に含まれる糖分を測って髄膜炎かどうかの診断を下します。

 

また、髄膜炎かどうかだけではなく細菌性髄膜炎、結核性髄膜炎、親近性髄膜炎のどれかを判断するにも役立ちます。

 

●痛いってホント?

髄液検査は痛いと言われることが多いです。

 

検査するときには横向きに寝て、あとは大きな注射器が刺されて、透明な髄液をポタポタとゆっくり注射器の中に溜めておくといった形です。検査の時間が1時間以上になることは滅多にありません。また、局所麻酔をする場合もあるようです。

 

痛みについては、『痛くない』という方はまずいません。麻酔が痛かった方もいれば髄液検査の方が痛かった方もいますが、少なくとも髄液検査のあと2-3日は運動できないくらいの痛みと考えてください。

 

気を失うほどの痛みではないものの、検査直後には起き上がるのもつらいくらいの痛みです。

 

●痛みがひどいときは

髄液検査の痛みは一時的なものでゆっくりと回復すると言われています。ですので通常は鎮痛剤を処方することはあまりないようです。

 

ただ、痛みにとても弱かったり、幼い子で痛みのせいで泣き出すようであれば鎮痛剤の処方をお願いしてみるのもよいです。そして髄液検査をすると、穴をあけた部位から髄液が漏れることで、髄液圧が低くなることがあります。

 

髄液圧が低いときに立ったままの姿勢だとめまいがする、頭痛がするといった症状が出ます。そういった時には横になって休んでください。

 

髄膜炎の検査には腰から髄液を取る髄液検査があります。髄液検査は検査後しばらく動くのも難しいが、意識を失うほどではない強めの痛みがあります。

 

また、痛みや頭痛は数日から長くて一週間程度続くことがあります。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

髄膜炎に関する記事

髄膜炎ワクチンの副作用を知っておこう

  髄膜炎にはいくつかのワクチンがあります。髄膜炎の元となる菌に対するワクチン...

ウイルス性髄膜炎と細菌性髄膜炎の違いとは

  髄膜炎は脳の髄膜に炎症が起きた状態を指しています。正確に言うと髄膜下腔とい...


髄膜炎の治療方法を知ろう

  髄膜炎は感染症のひとつで、髄膜で感染症が起きることで症状が出る病気でもあり...

髄膜炎予防のためのワクチン-ヒブワクチンとその接種について-

  髄膜炎は子どもがかかると後遺症が出やすい病気です。 原因の菌のひとつにヒ...

カラダノートひろば

髄膜炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る