カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. パーキンソン病 >
  5. 40代以降は要注意!パーキンソン病とは

気になる病気・症状

40代以降は要注意!パーキンソン病とは

 

テレビなどで名前を聞いたことがある方も多い病気、それがパーキンソン病です。

ではパーキンソン病とは何かを具体的に見ていきます。

 

●どんな症状が出るの?

手足が震える、手足がこわばる等末端に症状が出るのがパーキンソン病の特徴です。

パーキンソン病の始まりは片手、片足など体のどちらかに異常が出ることです。

最初は片側の手が震える、片側の足のみが震えるといった症状です。

そのうち、だんだん声に抑揚がなくなり、体が左か右にひどく傾くようになります。

パーキンソン病が進むとものを正しく認識できなくなることもあります。

また、精神的な症状も出やすいです。

極度の落ち込み、引きこもりがちになる方も多いです。

 

●どれくらいの患者数なの?

パーキンソン病の患者は国内で10万人以上と言われています。

割合からいうと1000人に1人ということで、100万人都市に住んでいれば1000人の患者がいることになります。

かかりやすいのは高齢者で50歳以降と言われていますが、最近では40歳から注意が必要との声もあります。

 

●治療法の概要

パーキンソン病を治療するには薬物治療、リハビリ、手術治療という3つの治療法があります。

初期の段階では薬物治療とリハビリを中心としますが、症状緩和のために脳手術を行うこともあります。

 

パーキンソン病とは高齢者がなりやすい病気のひとつで、患者数は1000人に1人はいると言われています。

手足の震えや精神的な症状が出るのが特徴で、治療は薬物治療やリハビリを中心に行います。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/23/08/51/adult-15814_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パーキンソン病に関する記事

早期パーキンソン病の治療の流れを知ろう

  パーキンソン病とは、脳内のドーパミンが不足することによって身体症状や精神症...

脊髄小脳変性症患者必見!身体機能回復リハビリにはどんなものがある?全身活動編

脊髄小脳変性による症状で、起き上がり、立ち上がり、遠くのもの取る動作、移動な...


様々な脳の病気?多系統萎縮症ってなに?

多系統萎縮症とは、オリーブ橋小脳萎縮症、線条体黒質変性症、シャイ・ドレーガー...

知っておこう!パーキンソン病のヤール重症度分類

パーキンソン病であると診断されて治療を進めていくには、パーキンソン病がどの段階...

カラダノートひろば

パーキンソン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る