カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. パーキンソン病 >
  5. 抗うつ薬に要注意!パーキンソン病治療薬の飲み合わせ

気になる病気・症状

抗うつ薬に要注意!パーキンソン病治療薬の飲み合わせ

 

手足の震えや認知障害を伴うパーキンソン病の治療ではリハビリ・薬物治療・手術療法の3つを組み合わせます。

手術療法は必ずしも行うものではありませんが、リハビリと薬物療法は多くの場合行われます。

 

●パーキンソン病の薬物治療

パーキンソン病の薬物治療で用いられる薬は、パーキンソン病の原因であるドーパミンを補うタイプの薬です。

パーキンソン病の原因はドーパミンの減少にあるので、薬でドーパミンを補えば症状が緩和出来ます。

その他にドーパミンの働きを助ける薬や手の震えを抑える薬もあります。

 

●パーキンソン病の薬と飲み合わせ

パーキンソン病の薬は基本的に抗うつ薬との相性があまり良くないと言われています。

手足の震えに効くタイプの薬は抗うつ薬の中でも三環系の薬と、ドーパミンを補う薬を補助する薬は三環系の他にSSRIとの相性が良くありません。

うつ病、不安障害などで抗うつ薬を飲んでいる場合は病院への相談が必要です。

パーキンソン病の主な薬であるドーパミンを補充するタイプの薬は高血圧を抑える降圧薬との飲み合わせが悪いです。

 

●パーキンソン病の薬と食べ合わせ

パーキンソン病の薬と食べ合わせが悪い食べ物はそれほどありません。

強いて言うならお酒はどんな薬とも合わないので治療中は禁酒してください。

ただ、パーキンソン病の薬の副作用で食欲がなくなる方は非常に多いです。

一度に大量の食べ物を食べるのではなく少しずつ分けて食べる、噛む力が弱っている場合が多いので柔らかい食べ物にするなどの工夫が望ましいです。

 

パーキンソン病の薬は抗うつ薬との飲み合わせが悪いので注意が必要です。

食べ合わせについては飲み合わせほど気を付けることはありませんが、食欲不振から体力不足に陥らないように注意してください。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/21/10/06/addiction-71576_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パーキンソン病に関する記事

脊髄小脳変性症患者が日常で取り入れられる細かい作業のリハビリ どんなものがある? 

脊髄小脳変性症では、その症状によって日常生活で行うような細かな作業が行いにく...

多系統萎縮症で利用できる福祉サービスとは?福祉用具とサービス選びのポイント

  徐々に進行し、介護する可能性が高い多系統萎縮症。自分らしく生きるために、家...


パーキンソン病とiPS細胞治療について

  パーキンソン病とiPS細胞治療について   パーキンソン病という病...

脊髄が変性して生じる神経の病気の総称!難病指定 脊髄小脳変性症とは

  脊髄小脳変性症とは 「脊髄小脳変性症」という病名の病気はありません。...

カラダノートひろば

パーキンソン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る