カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. >
  5. 症状 >
  6. 乳幼児 注意すべき卵アレルギーの諸症状

アレルギー

乳幼児 注意すべき卵アレルギーの諸症状

 

卵アレルギーは乳幼児に多いアレルギー疾患の一つです。それぞれが持つアレルギーへの強さによって症状の度合いはかなり差があります。それに加え、年齢によってもアレルギー症状が出る場所が変わっていくことがありますので、発症する場所などは注意して確認してあげることも大切です。

 

 

症状

・顔を含む全身にかゆみを伴う赤い湿疹・じんましん

・乳幼児期に湿疹がひどくなるのは顔、耳たぶの境目、耳全体、耳の穴などが多い

・幼児期以降は手の甲、指、手首やひじの関節、ひざの裏がわなどが多い

・口の中がかゆくなったり違和感がある

・せきこんだりゼイゼイと苦しそうにしている

・下痢をしたり、お腹が痛くなる

・嘔吐

 

この中で乳幼児期のアレルギー症状として多いのが、全身に症状が出るものです。そして湿疹に伴うかゆみも非常に強いものである場合が多く、赤ちゃん自身もそれがストレスになり泣き止まなかったり、それによって眠れなかったりします。それだけならばまだよいですが、実際、乳幼児期の赤ちゃんに「かいちゃダメ」と言っても無理な話で、かゆみを我慢できずに自分でかいてしまったり、不機嫌になることもあります。

 

特に注意したいのが、せきこむなどの呼吸困難です。中にはアナフィラキシーショックで急激に血圧が低下し、命にかかわる状態になることにもありますから、その場合は緊急な対応が必要になります。

 

 

乳幼児期に発症した卵アレルギーも、個人差はありますが、就学頃には改善している場合がほとんどです。また、子どもの状態から卵アレルギーだと判断できたとしても、勝手に除去食などをしてしまうと、今度は栄養の偏りなどが問題になってしまいますので、湿疹などを確認したらまず医師に相談してください。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

卵アレルギーの人が卵を食べるとどんな症状が出る?

  食物アレルギーと聞くと何を想像しますか?   「卵」「小麦」「そば...

成人になってから発症することも!卵アレルギー

花粉症に代表されるように大人になってからアレルギー疾患にかかる人というのは増...


卵アレルギーの特徴的な症状

卵アレルギーといっても、他のたくさんの食物アレルギーと同じように発疹やかゆみ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る