カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 成人になってから発症することも!卵アレルギーの特徴や症状 乳幼児に注意すべきこととは?

アレルギー

成人になってから発症することも!卵アレルギーの特徴や症状 乳幼児に注意すべきこととは?

花粉症に代表されるように大人になってからアレルギー疾患にかかる人というのは増加しています。花粉症は花粉にさらされている期間が長いほど発症する確率が高くなると言われているので、当たり前と言えば当たり前ですが、実際増加しているのは大人の食物アレルギーです。

 

代表的なものは特定の果物や野菜のアレルギー疾患ですが、卵アレルギーを発症する人もまれではありません。

 

突然の発症

それまで何の症状が出ることもなく、普通に食べていた卵かけごはんなのに、ある日突然喉の奥がかゆい感覚がした、というように、それまで他の食べ物と同じように摂取していたものに、急にアレルギー反応を起こして驚く人もいるようです。

 

大人のアレルギー反応は、生活のリズムの変化に応じて、免疫機能がバランスを失ってしまうことも一つの原因と考えられています。

 

症状

アレルギーの症状は、どれくらい卵を摂取したかや、卵黄、卵白のどちら、または両方を摂取したか、あるいは生のまま摂取したか、火を通した状態で摂取したかにもよりますし、本人の抵抗力とアレルギーへの強さなどでかなり差が出ます。

・唇や口の中の粘膜にタマゴがふれたことでかゆみをともなう湿疹ができる

・気管支ぜんそく

・じんましん

・胃腸障害

 

これらのような何となく不快と言った症状になることもありますし、

・呼吸困難

・血圧低下

・顔面蒼白

・意識混濁

などのアナフィラキシーショックを起こす場合もあり、この場合は緊急性が高くなります。

 

アナフィラキシーショックなどは摂取後すぐに反応があらわれますが、中には数時間後~1、2日後に遅れて不調などの反応があらわれる場合もあります。

 

子どもの場合、成長と共に内臓が完成していくということもあり、加齢によって卵アレルギーが改善されますが、大人の場合は加齢による改善のケースはまれにしかなく、除去食などの対応が主になります。 

 

卵アレルギーの特徴的な症状

卵アレルギーといっても、他のたくさんの食物アレルギーと同じように発疹やかゆみ、赤みなどの症状が主に出ます。

 

その中でも卵アレルギーに特徴的な症状があります。

 

貨幣状湿疹

卵アレルギーの特徴的な症状の一つと言われているのは貨幣状湿疹です。

 

あらわれ方:小さな皮膚の隆起がかゆみと共に次第に大きくなっていき、硬貨から卵大くらいの大きさの湿疹が足にあらわれます。その湿疹が次第に腕や腹部、背部に広がっていきます。睡眠を妨げられるほどの強いかゆみを伴うこともあり、湿疹の表面はじくじくと液が出てきたり、赤いブツブツができることもあります。

 

対処:血行をよくするとかゆみが強くなることもあるので、飲酒は控えましょう。また、かいてしまうことで幹部が病変し悪化するため、薬などの処置をはやめにしてもらうことが重要です。皮膚が乾燥すると悪化することがあるので、保湿クリームなどで感想を防ぐよう心がけます。

 

ストロフルス

急性痒疹(ようしん)とも呼ばれ、5歳以下の子どもに起こることが多いようです。

 

あらわれ方:一種のアレルギー反応ということで、ストロフルスは虫刺されの後に起こることも多い病気です。最初に虫刺されのような少し隆起した赤い発疹ができ、それはしばしば水ぶくれを伴います。強いかゆみを伴うため、引っ掻いてしまうことも多いですが、そうすると引っ掻いた部分がじゅくじゅくとした傷になります。貨幣状湿疹同様、眠れないほどのかゆみに襲われることもあります。

 

対処:強いかゆみによって繰り返し患部を傷つけてしまうと、その部分がだんだんと固くなってしまいます。そのため、発症した際は、引っ掻かないように気を付けます。その上で、皮膚科でかゆみ止め等を処方してもらいましょう。

 

どちらも強いかゆみが特徴です。放っておくとそれ自体が悪化してしまうこともありますので、早めに病院に行くことをおすすめします。

 

アレルゲンとしての卵、特徴と除去の仕方

乳幼児の食物アレルギーの70%以上は卵が原因だと言われています。

ただ卵と言ってもどの様な調理法で食べるかによってアレルゲンとしての強さには差があります。

一番強いものから順に紹介していきます。

 

1、生卵

アレルゲンとしての抗原性が一番強いのが生卵、及び生卵を使用した食品です。

特に気をつけたいのがマヨネーズやアイスクリームです。卵白よりも抗原性の弱い卵黄だけを使って作りますが、卵黄だけを取っても周りには白身がたくさん残っています。

洋菓子のムースにもメレンゲとして使われている事があるので確認が必要です。

 

2、半熟卵

ふわふわのオムレツや半熟の親子丼が当てはまります。

お好み焼きやホットケーキは中まで火が通ってなくて中心部の卵が半熟の時があるので注意が必要です。

卵焼きは平気だったのにお好み焼きでアレルギーが出たと言う人は中心部までしっかりと火が通ってなかったからです。

 

3、加熱した卵

卵焼きや卵スープ、出し巻きなどが当てはまります。

 

4、卵の入った料理やお菓子

揚げ物の衣、ケーキ、クッキーなどです。

 

5、つなぎとして卵が使われている食品

かまぼこやちくわなどの練り製品にはつなぎとして卵白が使われています。

シュウマイやラーメンの麺などの中華料理にもよく使われています。

 

6、鶏肉

重症の卵アレルギーの方は鶏肉でもアレルギーが出ます。

チキンコンソメや鶏ガラスープにも注意が必要です。

 

まとめ

卵を除去する時には調理形態によって抗原性の強さが変わるので、症状の強さに応じた調理法が必要だと言う事を知っておきましょう。

逆にアレルギー食を解除する時は、抗原性の弱い鶏肉から徐々に抗原性の強い食べ物にして慣らしていきます。

 

卵アレルギーの人が卵を食べるとどんな症状が出る?

食物アレルギーと聞くと何を想像しますか?

「卵」「小麦」「そば」などが代表的なのではないでしょうか。

それでは、今回はこれらの中でも卵アレルギーについてどのような症状が現れるか紹介します。

 

卵アレルギーの症状

卵アレルギーの症状には以下のようなものがあります。

・じんましん

・呼吸困難

また、卵アレルギーの特徴的な症状として、貨幣状麻疹というものがあります。これは貨幣状、つまりコイン状に麻疹が出る症状です。

卵アレルギーの症状には個人差があります。

食べてから発症までの時間、また症状が治るまでの時間は、個人の抗原への反応の強さ、免疫力で変わってきます。

 

アレルギーの症状が強ければ、ものの数分で呼吸困難に陥ったり麻疹が出たりします。

またそうでなければ、半日から数日後に麻疹が出て、その後治るということもあります。

 

乳幼児の卵アレルギー

実は、卵アレルギーは成人よりも乳幼児の方がなりやすいと言われています。

なぜそうなのかといいますと、乳幼児の肌は非常に敏感であり、抗体も少なく免疫に乏しいからです。

 

症状としては、赤いボツボツが全身に現れ、かゆみを伴います。

乳幼児は我慢ができないため、かいてしまったり、不眠や不機嫌になってしまったりします。

 

一度乳幼児のときに卵アレルギーになると治療は極めて困難になります。

 

卵アレルギーは身近な存在であり、かつ卵を使った食品はたくさんあります。

乳幼児は一度発症してしまうと治療が難しくなります。

特に気をつける必要があるでしょう。

 

乳幼児 注意すべき卵アレルギーの諸症状

卵アレルギーは乳幼児に多いアレルギー疾患の一つです。それぞれが持つアレルギーへの強さによって症状の度合いはかなり差があります。それに加え、年齢によってもアレルギー症状が出る場所が変わっていくことがありますので、発症する場所などは注意して確認してあげることも大切です。

 

症状

・顔を含む全身にかゆみを伴う赤い湿疹・じんましん

・乳幼児期に湿疹がひどくなるのは顔、耳たぶの境目、耳全体、耳の穴などが多い

・幼児期以降は手の甲、指、手首やひじの関節、ひざの裏がわなどが多い

・口の中がかゆくなったり違和感がある

・せきこんだりゼイゼイと苦しそうにしている

・下痢をしたり、お腹が痛くなる

・嘔吐

 

この中で乳幼児期のアレルギー症状として多いのが、全身に症状が出るものです。そして湿疹に伴うかゆみも非常に強いものである場合が多く、赤ちゃん自身もそれがストレスになり泣き止まなかったり、それによって眠れなかったりします。それだけならばまだよいですが、実際、乳幼児期の赤ちゃんに「かいちゃダメ」と言っても無理な話で、かゆみを我慢できずに自分でかいてしまったり、不機嫌になることもあります。

 

特に注意したいのが、せきこむなどの呼吸困難です。中にはアナフィラキシーショックで急激に血圧が低下し、命にかかわる状態になることにもありますから、その場合は緊急な対応が必要になります。

 

 

乳幼児期に発症した卵アレルギーも、個人差はありますが、就学頃には改善している場合がほとんどです。また、子どもの状態から卵アレルギーだと判断できたとしても、勝手に除去食などをしてしまうと、今度は栄養の偏りなどが問題になってしまいますので、湿疹などを確認したらまず医師に相談してください。

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

牛乳・乳アレルギーの治療法!減感作療法 ~応急処置や自己注射などの対処法まで~

除去食が基本の牛乳・乳アレルギーにおいて、少しずつ摂取しながらアレルギー反応...

覚えよう!ピーナッツ(落花生)アレルギー要注意食品のまとめ

ピーナッツ(落花生)の除去食では、意外な食品に使われているピーナッツに気を付...


除去食と代替食の違いって?食物アレルギーへの耐性をつけるには?除去のポイントは?

食物アレルギーの治療の基本となっているのが除去食です。 原因となる食物を取...

危険な食物アレルギー!どんな食べ物で起こる?アレルギー反応が出た時の対処法は?

  食物アレルギーで食べられないものがあると言っていても、好き嫌いだろうとか、...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る