カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. リハビリ(骨折) >
  5. 骨折のリハビリで利用できる高齢者施設・サービス

介護・認知症

骨折のリハビリで利用できる高齢者施設・サービス

 

高齢者の骨折では、リハビリが長期に及ぶことも少なくありません。どこでリハビリを受けるかというのもポイントです。どんなリハビリ場所があるかをご紹介します。

 

 

リハビリ病院

重篤な症状は過ぎた回復期の人が入院して、リハビリを行う病院です。

症状が落ち着いた段階で、リハビリ病院に転院するケースが多いようです。

大腿骨・骨盤・股関節・脊椎などを骨折してから1ヶ月以内に入院し、入院期間は最長でも180日という制限があります

手厚い医療ケアを受けながら、集中的にリハビリを受けられるのがメリットです。

 

 

老人保健施設(老健)

日常生活全般の援助を受けながら機能回復のリハビリに取り組む、入所施設です。

理学療法士・作業療法士・介護士・看護師が連携して、生活とリハビリをサポートします。在宅での生活が前提の施設なので、日常動作に必要な、生活に即した機能訓練ができます。

入所期間は、数日の短期から数ヶ月の長期まで。原則として3ヶ月ごとに入所期間とリハビリ内容の見直しがあります。

ショートステイのような使い方もできるので、看病と介護で疲れた家族が一息ついたり、冠婚葬祭に出席するための一時利用に便利です。

 

 

在宅生活でリハビリ

◆デイケア(通所リハビリ)

送迎付きで施設に通い、リハビリと入浴などの生活支援を受けられます。

定期的な外出が生活にリズムとハリを与え、レクリエーションなどの楽しみもあります。

 

◆訪問リハビリ

外出が難しい場合でも、自宅でリハビリを受けられます。

トイレや居室など、ふだん過ごしている場所で機能訓練すれば、生活動作への不安を取り除きやすくなります。

 

 

骨折の回復具合、家庭の事情、高齢者自身の希望から、最適な施設を選んでください。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/05/07-036443.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(骨折)に関する記事

【大腿骨近位部骨折】高齢者に多い!ちょっとした転倒で起こるの骨折のリハビリテーション

大腿骨とは、人間の太ももの部分にある人体で最も大きな骨です。この骨の近位端、...

高齢者の骨折に必要なリハビリは理学療法?作業療法?

  リハビリ病院・デイケア・老人保健施設などでリハビリを行うのが、理学療法...


【脛骨高原骨折とリハビリテーション】高齢者の骨折&交通事故・転落事故での骨折

脛骨(けいこつ)?高原?いったいどこが骨折しているのかイメージがつきにくいかも...

運動器疾患に必要なリハビリテーション~痛みを除去しよう

        運動器疾患とは人が姿勢を保ち、移動し、さまざまな動作を行って...

カラダノートひろば

リハビリ(骨折)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る