カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 予防 >
  5. 日光浴でビタミンDを!高齢者の骨折予防

介護・認知症

日光浴でビタミンDを!高齢者の骨折予防

骨を強くするためには、カルシウムだけではなく、ビタミンDも必要です。

ビタミンDはカルシウムの吸収を促進し、骨の新陳代謝を活発にする働きがあります。

ここでは、日光の力で生成されるビタミンDについて説明します。

 

紫外線がビタミンDを生成する

日光に含まれる紫外線を浴びると、皮膚プロビタミンDという物質が分解され、ビタミンDができます。

一般的に、体内のビタミンDの半分は紫外線を浴びることで得ています。

 

閉じこもりがちな高齢者は要注意

行動範囲が狭くなり、活動量が減った高齢者は、外出の機会も少なくなります。

日中を室内で過ごしてばかりいると、日光とは縁遠くなってしまいます。

ケガ・病気で臥せりがちの人も、紫外線によるビタミンDの生成が減少しているでしょう。

 

短時間の日光浴でも効果あり

紫外線を浴びるといっても、毎日何時間も外出する必要はありません。

週2回以上、午前10時から午後3時の間で、5~30分を目安に日光に当たれば十分です。

顔・手足・背中などに日光を浴びるのが効果的です。

骨折の予防には、日光浴も兼ねた散歩に出ると、適度な負荷がかかって骨が丈夫になるので良いでしょう。外出できなくても、室内の日当たりのいい場所で暫く過ごせば日光浴ができます。可能なら、介護用ベッドを日なたに少し移動させると、寝たきりの人でも日光を浴びられます。

日焼け止めを塗ってしまうとビタミンDが生成されません。

夏場に長時間の日光浴は熱中症・脱水症の危険があります。水分補給をしながら、短時間で切り上げてください。

 

 

日光は、体内時計を整える働きもあります。洗濯物干しや、草花の手入れなど日光浴を日常生活に上手く取りいれて、骨を強くしましょう。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/08/23-367787.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

高齢者の骨折予防に効く!カルシウム補給食品って?

  カルシウム補給は、高齢者の骨折予防に欠かせません。高齢者が食べやすく、...

骨の老化対策をしよう!

老化対策として重要な点は、老化の原因をしっかり理解し、この原因に基づいて対策...


牡蠣にシソで骨粗しょう症のオススメ予防食!冬においしい♪牡蠣の栄養たっぷりな旬レシピ

  加齢という要因で、骨密度が低下することがあります。この骨密度の低下を予防する...

骨折予防に!運動で高齢者の骨密度をアップ!

  骨密度を高めて高齢者の骨折を予防するには、運動が効果的です。「骨に効く...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る