カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. マンモグラフィや超音波検査など乳がん検診の4つの方法について

女性のカラダの悩み

マンモグラフィや超音波検査など乳がん検診の4つの方法について

pinkribon.jpg

がん研究振興財団の研究によって、日本人女性の18人に1人が乳がんにかかっているということがわかりました。
アメリカに比べるとまだ少ないですが、乳がんの罹患者は増えています。
乳がんも他のがんと同じように検診が大切です。
40歳以上なら2年に1回は検診を受けた方がよいです。
乳がんの検診方法を紹介します。

●マンモグラフィ


名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。
科学的にも乳がん検診の効果があると証明されているマンモグラフィは、精度が80-90%と非常に高いのが特徴です。
ただし、マンモグラフィ検査を行う時には胸を押しつぶされるので、多少なりとも痛みを伴うというデメリットがあります。

●視触診


国立がん研究センターによると、検診としての精度は低いと言われています。
視触診だけでなく他の検査と組み合わせることで、より正確に乳がんを発見することが出来ます。
マンモグラフィや超音波検査の手助けとなる検査と考えておくとよいでしょう。

●超音波検査


マンモグラフィよりも精度は低いですが、視触診よりは精度の高い検査方法です。
若年層の乳がん検診には、この超音波検診が用いられることも少なくありません。

●MRI、CT検査


精密検査の一種です。
CTやMRIによって胸部を撮影することでがんを発見することが出来ます。
造影剤を注射する、時間がかかるなどの理由から、乳がん検診の中でも体への負担が大きいタイプの検査と言えるでしょう。


(Photo by //www.ashinari.com/2012/10/02-371363.php)

著者: あゆみさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

『ブラジャーの長時間装着』で、乳がん発症率が上昇?その真偽は・・・

  ブラジャーを毎日12時間以上着用で、乳がんリスクが21倍に上昇?  ...

ブラジャーをすると乳がんになる?それとも関係ない?最新研究の結論はいかに!?

   乳房を失う可能性もある乳がんは、女性であれば避けたいところです。では生活の...


マンモ+超音波でがん発見率が上昇!だからって「両方受ければいい!」と言わないのはなぜ?

2015年11月、乳がん検診における超音波検査の有効性が発表されました。乳が...

10代の内に果物を多く摂取すると、中年期の乳がんリスクが最大25%低下する?

近年の米ハーバード大学における大規模調査で、「思春期に果物(特にリンゴ・バナナ・...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る