カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 神経痛 >
  4. 原因 >
  5. 「神経痛」とは?神経痛には原因を特定できるもの、できないものがある!

関節痛・腰痛

「神経痛」とは?神経痛には原因を特定できるもの、できないものがある!

 

【神経痛とはどんな病気なのか?】 

私たちが日常生活を円滑に行えるのは末梢神経が正常に働いているからです。この末梢神経とは視覚、嗅覚、味覚、触覚、聴覚に関わる神経で、この神経が刺激されると痛みを感じ、その症状によって神経痛と位置づけられます。

では、神経痛の場合どのような状態になるのでしょうか。

 

①痛みを感じる場所が片側の一点だけに集中する

②短く突発的な鋭い痛みが走り、一旦はおさまるが繰り返し起こる

③痛みを生じる場所の神経の通る場所を、痛まない時に押すと痛む

④せきやくしゃみなど特定の姿勢をすることで痛む

 

このなかから思い当るものがいくつかあるようであれば、神経痛を疑ってみましょう。

 

【原因が特定できるもの、できないものがある】 

神経痛には原因が特定できる症候性神経痛と、原因不明の特発性神経痛に分かれます。根本的な原因がわかると直ぐに治療に入ることができますが、原因不明の場合では痛みへの対処療法だけになるなど治療の方法もかわってくるのです。

 

【症候性神経痛は主に病気が原因となる】 

症候性神経痛では、診察や検査で病気が見つかる場合もあります。例えば腫瘍などが神経を圧迫していることもあるのです。また、骨のゆがみ、神経や周辺組織の炎症、外傷などが見つかります。さらに、ほとんど本人の自覚症状がなく、検査によって運動障害を起こしていたり、筋肉萎縮、しびれ、突っ張り感、こわばりを感じる知覚の異変、反射神経の異変などによって判明することもあります。

 

【原因不明なものは特発性神経痛】 

診察や検査を行っても、なぜ痛みを感じているのか原因がみつからないものを特発性神経痛といいます。この場合には、痛みを起こしている末梢神経を具体的に指した名称がつかわれます。

 

【どの神経痛であるかは正しい診断と検査が必要】 

普段の生活をしていて、体に痛みやしびれがあっても必ずしも神経痛とはいえません。神経痛は神経を圧迫していないかどうか骨の検査を行うなど正しい診断が必要なのです。しかし、痛みやしびれを起こしているのに放置しておくのも、もしかすると大きな病気が影に潜んでいる可能性もあります。繰り返す痛みやしびれが続くようであればまずは病院で診断を受けましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E9%A1%94-%E9%A0%AD-%E7%B2%BE%E7%A5%9E-%E6%80%9D%E3%81%A3%E3%81%9F-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3-%E6%80%9D%E3%81%86-%E7%94%B7-%E4%BA%BA-%E5%8D%94%E4%BC%9A-109968/])

著者: lulaさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

ある日突然あなたも神経痛を発症するかもしれない…その原因とは

『神経痛』は症状や原因によって様々な種類があり、自覚できるものから無自覚のも...

鋭い痛みが身体を走る・・・辛い神経痛、原因はなんでしょうか?

  ふとした瞬間に、身体に鋭い痛みが走る。神経痛をお持ちの方はそういったことに...


神経が圧迫されたり締めつけられて起こる神経麻痺!疲れの溜め過ぎや姿勢に注意!

     神経痛や神経麻痺の中には、神経が圧迫されたり締めつけられる(絞扼)...

ヘルペスウイルスが神経痛を引き起こす!長引けば長引くほど痛みが残る!

     神経痛の中にはウイルスが原因となるものがあります。その代表的なもの...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る