カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 神経痛 >
  4. 原因 >
  5. 日常生活が神経痛発症に関係している?

関節痛・腰痛

日常生活が神経痛発症に関係している?

 

【血行不良が原因の神経痛】 

神経痛の原因のひとつに閉塞性動脈硬化症という病気の疑いがあります。近年良く聞かれるようになった動脈硬化と同じように、血流が遮断されてしまう症状がでます。 

この閉塞性動脈硬化症という病気のとても怖いところは、症状が進行すると細胞に血液が行き渡らなくなり、脚の細胞が壊死してしまうので、最悪の場合には脚を切断するということにもなりかねません。

では、どのような人に多く起こるのでしょうか。 

・おおむね50歳以降の男性

・喫煙の習慣がある

・高脂血症気味である

・高血圧

・糖尿病である、またはその疑いがある

・肥満 

これらに思い当る人は注意をしたほうが良いでしょう。

 

また、血流が悪くなってくると、脚のしびれや関節の痛み、脚の冷え、こむらがえりなどを起こすようになります。原因がわからず脚の違和感を感じるようになったら病院へ行って診察をしてもらうことをおすすめします。

 

 

【体内に存在するウイルスが原因の神経痛】 

神経痛の原因のなかには、ヘルペスウイルスが発端となって神経痛の症状を起こすことがあります。ヘルペスウイルスは成人の約7割の体内にあるといわれていて、不規則な生活や、風邪、疲労、ストレスなどによって帯状疱疹を発症し、その帯状疱疹がなくなった後も痛みをともなう神経痛なのです。この帯状疱疹による帯状疱疹後神経痛は完治することが難しくはありますが、日常生活の中で体の機能が正しく働くよう注意をしていればその予防にはなります。

 

【神経痛を招くのは日常生活から】 

神経痛は主に骨のゆがみを発端に神経を圧迫して起こる痛みですが、先天的なものでない限り骨のゆがみを起こさないようにするには、正しい姿勢を心がけることや骨を支える筋力を維持することも大切です。また、体に疲れを蓄積させないように規則正しい生活をし、ストレスをためないことも予防になります。さらに、50歳代男性の場合には動脈硬化などの生活習慣病には十分に注意することが必要です。喫煙をしているのであれば、全く吸わないことが健康のためでもありますが、喫煙をすると神経細胞や関節の働きに不可欠なビタミンCをニコチンによって奪われてしまうので、サプリメントや果物をできるだけ摂るなど心がけましょう。また、適度に運動をすることも新陳代謝を良くし、血行改善につながります。帰宅時のひと駅でも良いので、歩く習慣づけをするのもひとつの方法です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/11/18-373155.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

神経が圧迫されたり締めつけられて起こる神経麻痺!疲れの溜め過ぎや姿勢に注意!

     神経痛や神経麻痺の中には、神経が圧迫されたり締めつけられる(絞扼)...

もしかして…捻挫後にいつまでも残る痛みは神経の損傷?!

手首や足首の捻挫は誰でも経験したことがあると思います。通常なら足首を捻った程度...


神経痛のような痛みを出す筋肉の痛みもある?!

     神経痛と診断されたものの中には筋肉が原因となっているものが沢山あり...

鋭い痛みが身体を走る・・・辛い神経痛、原因はなんでしょうか?

  ふとした瞬間に、身体に鋭い痛みが走る。神経痛をお持ちの方はそういったことに...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る