カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. ツボ >
  4. >
  5. 腓骨筋の引きつりに

健康診断・健康管理

腓骨筋の引きつりに

 足の引きつりと言われるとふくらはぎを思い浮かべる人が多いかもしれません。その反対の、外側の筋肉の引きつりの為のツボをご紹介します。

 

外側の筋肉(長腓骨筋)が冷えたり、肝、胆の気がうまく巡っていない気虚の時、使い過ぎによる疲れ(変形による長腓骨筋への負担が増大しているときを含む)などで、引きつりが起こることがあります。

その引きつりを治すツボは足の少陽胆経の原穴 丘墟(きゅうきょです。

 

 

<このツボはココに効く!>

このツボは胆経の原穴ということで胆経の効能である目の疾患、頭痛、横腹の痛み等。

脾虚による胃炎等にも効くらしいですが、ここでは引きつりを説明させていただきます。

 

 <ツボの場所&押し方>

ツボの場所ですが、足を強く屈曲すると外果のすぐ前方にくぼみができます。そこです。

長指伸筋腱の外側です。

 

写真参照

 

 

丘墟

 

 

押し方ですが、自分で押さえる場合は、親指で押さえにくいので、人差し指か中指を使います。あんまりグリグリ押さえると痛いのでほどほどにマッサージを。

 

引きつりの時はお灸が良く効くのですが、御風呂でマッサージもよく効きます。このツボだけでなく、陽陵泉までの胆経の走行を揉むといいです。

 

 

ひきつったときは慌てず、このツボと陽陵泉までを揉んであげましょう。

引きつりというのは体の悲鳴の1つです。血行をよくして健康を保ちましょう。

 

 

(Photo by: 著者)

 

著者: トシさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

汗だけじゃもったいない! 夏デトックスの足つぼ

迷惑な汗もデトックス効果あり 夏こそ老廃物を追い出すチャンス  汗をかきやす...

楽しい夜を台無しにする二日酔い解消の足つぼ

飲み過ぎてしまった明くる日は 足つぼマッサージですっきり!  梅雨明けととも...


動脈硬化症には~懸鐘~

一見関係ないような場所を刺激して効かすように思われる東洋医学ですが、今回も変わっ...

肝臓にこのツボ!

肝臓は沈黙の臓器と言われるほど、病気などによって機能が低下しても自覚症状があらわ...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る