カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 頻尿・尿漏れ >
  5. 妊娠中の尿もれと上手くつき合おう!

妊娠・出産

妊娠中の尿もれと上手くつき合おう!

妊娠すると頻尿になる他、尿もれで悩んでいる妊婦さんはたくさんいます。

日に日に成長する子宮が原因なので、対策をして上手くトラブルとつき合いましょう。

 

尿もれ対処法

・尿もれパットを使用する

生理用ナプキンは水分を吸収する為に作られていないので、専用の尿もれパットを使用しましょう。

 

・歩く

妊娠中は状態が良好な妊婦さんであれば、適度な運動が必要です。

足腰を鍛えるためにも、ウォーキングを日課にしましょう。

また、適度な運動は産後の尿もれ対策にもなります。

 

・体重コントロール

急激な体重の増加や、医師の指示よりも体重が上回ると分娩に時間がかかる場合があります。

長時間の分娩は骨盤を支える骨盤底と呼ばれる部分に負担をかけてしまい、産後の尿もれの原因になります。

妊娠中毒症にならない為にも体重をうまくコントロールしましょう。

 

・分娩時のいきみ

分娩時に指示とは違う体勢でのいきみ、違うタイミングでのいきみは骨盤に負担をかけてしまいます。 

 

産後に尿もれが起きやすい人

・高齢出産

・妊娠中に体重が急増した人

・今回が初産ではない人

・定期的にスポーツをしていた人(特にマラソン・体操)

 

上記の人は骨盤を支える筋肉や膀胱を支える力が弱くなっていることが原因で尿もれが起こりやすくなります。

 

以上の対策法を参考にして尿漏れ対策をしてみてくださいね。 

 

(photo by http://free-images.gatag.net/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頻尿・尿漏れに関する記事

【妊娠体験談】妊娠中にトイレが近い妊婦さんへ トイレが近い時の対処法、ご紹介します!

筆者は妊娠中、とにかくトレイが近くなってしまって大変でした。 妊娠初期から...

妊婦がなりやすい膀胱炎…妊娠中に発症したらどうすれば?!赤ちゃんは大丈夫?

もともと女性は男性よりも膀胱炎になりやすいです。構造上、女性の方が尿管から細菌が...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

頻尿・尿漏れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る