カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療費 >
  5. 利用した金額の1割を自己負担?がん患者の介護保険制度の利用

ガン・悪性腫瘍

利用した金額の1割を自己負担?がん患者の介護保険制度の利用

kaigo.jpg

介護保険制度は日本の社会保険制度の一つです。
介護が必要な人を社会全体で支えるために作られました。
介護保険制度を利用する場合には手続きが必要です。

●がんと介護保険制度

介護保険制度には第1号被保険者と第2号被保険者というものがあります。
被保険者とは、介護保険制度の保険を受けることが出来る者という意味です。
第1号被保険者は65歳以上、第2号被保険者は40-64歳までの方です。
要介護状態、もしくは要支援状態になると、介護保険制度を利用できます
65歳以上の場合には要介護状態・要支援状態の原因については問われませんが、40-64歳までの方の場合には要介護状態・要支援状態が特定の疾病によるとされる場合のみ、介護保険制度を利用できます。
末期がんは特定疾病に分類されています。

●負担額は?


介護保険を利用しても、100%無料でケアを受けられるというわけではありません。
原則的には利用した金額の1割を自己負担するというのが介護保険制度の決まりとなっています。

●介護認定って?


介護が必要であるかどうかを判断するのが介護認定です。
介護認定を受けて、初めて介護保険制度を利用することが出来ます。
介護認定を受けた後は、ケアプランの作成など、介護に向けて諸々の準備があるのでやや時間がかかります
末期がんで自宅療養を考えているという場合には、介護認定はなるべく早めに受けるようにしましょう。
そうすることで自宅療養スタートともに介護保険制度も利用できます。


(Photo by //www.ashinari.com/2010/08/20-339936.php)

著者: 奈々さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

治療費に関する記事

ガンの治療費はどれくらいかかる?がんや大腸ガンだと●●万円以上の費用が!?

  風邪や胃腸炎などと違ってガンは数か月は治療にかかりますし、その間に入院や手...

高額なガン治療費の負担軽減のために!高額療養費制度の申し込み方を知ろう

  ガン治療費の負担軽減のための制度のひとつが高額療養費制度と呼ばれるものです...


高額療養費制度をうまく利用しよう!がんの治療の経済的負担

がんの治療には数年単位の時間がかかることもあります。がんの病状をあらわすステー...

がんの治療費~がんによっては保険給付対象外の可能性が!がん保険を見直そう

「2人に1人はがんになる」「がん治療にはお金がかかる」という心配から、がん保...

カラダノートひろば

治療費の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る