カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 頻尿・尿漏れ >
  5. 分娩時に骨盤底に負担がかかって産後に尿もれが止まらない!?骨盤底筋体操で産後の尿もれ予防☆

妊娠・出産

分娩時に骨盤底に負担がかかって産後に尿もれが止まらない!?骨盤底筋体操で産後の尿もれ予防☆

妊娠中のトラブルの一つである尿もれ。出産するまでの辛抱と思いきや、実は産後にもこのトラブルが続く場合もあります。

今回は産後の尿もれについて紹介します!

  

産後の尿もれの原因

どうして産後は尿もれが起きてしまいやすいのでしょうか。

その原因の多くは、骨盤底筋にあります。

 

妊娠中からゆるむ骨盤底筋

そもそも骨盤底筋は、出産という大イベントに向けて、徐々にゆるくなっていきます。元々の筋力も関係しますが、大きくなっていく子宮が膀胱付近の筋肉を引っ張ってしまい、妊娠中すでに尿もれになってしまっている人も。

 

分娩時の負担が産後の尿もれに

妊娠中に尿もれが起きていなくとも、分娩時の負担で産後も骨盤底筋が伸びた状態のままになると、尿もれが起こる人もいます。産前に尿もれがなかったからと言って、産後もならないとは限らない、ということです。

 

また、分娩によって神経組織が傷を受けると、膀胱や尿道の知覚障害も起こりやすくなります。尿もれの他にも、尿意を感じなかったり、おしっこがでないなどのトラブルが起こることも少なくありません。

 

【体験談Pick Up】気付いたら尿漏れが…

投稿者:松竹mamaさん

この時は体調の回復は順調でしたが、産後一ヶ月を満たない頃にシャワーを浴びている時に会陰の内部から何かが出ている部分に触れてしまいました。えっ?と思いましたが、ごまかしごまかし過ごしていたら一ヶ月健診の頃には気にならなくなっていました。が、くしゃみや咳をした時に時々尿漏れをしてしまうことが続いていたのは産後のケアが足りでなかったのかな。と思います。(一部抜粋)

 

産後に尿もれが起きやすい人

また、産後に尿もれが起きやすい傾向を持つ人もいます。

 

・高齢出産

・妊娠中に体重が急増した人

・今回が初産ではない人

・筋力が弱い人

  

上記の人は、骨盤を支える筋肉や、膀胱を支える力が弱くなっている傾向の強い人です。もし、自分が該当するようでしたら、出産までに何らかの対策を練っておくのがよいかもしれません。

他にも分娩が長時間かかった人や、赤ちゃんが3500gを超える大きさだった場合も産後の尿もれが起きやすいそうです。

  

尿もれの対処法

産後に尿もれになったらもう治らないの?と不安に思われる方、そこまで心配しなくても大丈夫。

基本的には骨盤底筋が回復すれば、尿もれは次第に治まるもの。しかし、治るまでの間、尿もれが気になるという方は、もれを防ぐ必要があります。

 

尿もれパットを使用する

産後の尿もれが気になる間は、専用の尿もれパッドを当てておくことで、もれてもパットが吸収してくれるので快適です。

生理用ナプキンなどは、水分を吸収する為に作られていないので代用はできません。必ず専用の尿もれパットを使用しましょう。

 

産後の尿もれ予防は産前から

出来れば、尿もれパットを使うようなことがないようにしたい、という方は、妊娠中に予防することが大切です。

 

1.適度な運動

妊娠中の状態が良好な妊婦さんであれば、適度な運動を心がけましょう。特に産後の尿もれ対策にはウォーキングがおすすめ。足腰が鍛えられます。しかし途中でお腹が張ったり気分が悪くなったときは中止し、休むようにしてください。

  

2.体重コントロール

急激な体重の増加や、医師の指示よりも体重が上回ると、分娩に時間がかかる場合があります。先に述べた通り長時間の分娩は、骨盤底筋に負担をかけてしまうため、産後の尿もれの原因に。

妊娠中の体重をしっかりコントロールし、長時間分娩になる可能性を減らしておきましょう。

 

3.分娩時のいきみ

分娩時に指示とは違う体勢でのいきみ、違うタイミングでのいきみは骨盤に負担をかけてしまいます。

これも、産後の尿もれを引き起こすきっかけになりますので、両親教室などで、しっかりといきみ方を学んでおきましょう。

 

骨盤底筋体操で鍛えよう

骨盤底筋体操は、尿もれの予防や産後の骨盤のゆがみ対策に効果的です。

 

妊婦の方は妊娠経過に問題のない、妊娠16週を過ぎた安定期から体操を行いましょう。

お腹が張ったり、負担がかかる場合はすぐにやめるようにしてください。

産褥期は負担のかからないように、安静に過ごすことが大切。そのため、産後も体調の経過をみながら、行うようにしてください。

  

1.スクワット

転ばないように、ゆっくりと無理なく行いましょう。

不安な人は、壁に背面をつけ、膝を軽く曲げ伸ばしするようにしてください。

  

2.座って体操

スクワットが難しい方は、座ってできる体操もあります。産前にデスクワークをされている方だと、仕事場などでも簡単にできるのでやってみてください。

 

1.椅子に座って、足を肩幅に開きます。

2.お腹などに力が入らないように、肛門と膣を閉めて5秒キープ。

3.閉める力を抜いて、深呼吸。

 

1セット10回程度を、無理なく行いましょう。

  

3.寝ながら体操

日中はつい体操を忘れがちな方は、起床時や就寝時に、寝転びながら布団の上でできる体操を取り入れてみましょう。

 

1.仰向けになって、足を肩幅に開きます。

2.両手を横に楽にのばして、ゆっくりと肛門と膣を閉めて5秒キープ。

3.閉める力を抜いて、深呼吸。

 

「座って体操」と同じく、ポイントはお腹に力を入れないこと。

1セット10回程度を、無理なく行いましょう。

  

上記の体操の代わりに、なるべく和式のトイレを利用したり、床の拭き掃除をしたりすることも効果的です。

 

骨盤底筋を鍛えてしっかり尿漏れ対策を

赤ちゃんが生まれ、お世話で大変な時に尿漏れが起きると、本当につらいですよね。分娩時の負担は個人差も大きいので、実際にお産が始まってみないと、どれだけの負担がかかるのかはわかりません。

しかし、負担を最小限にするためにも、出産前からしっかりと骨盤底筋を鍛えておきましょう。

  

 (Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-20掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頻尿・尿漏れに関する記事

【妊娠体験談】妊娠中にトイレが近い妊婦さんへ トイレが近い時の対処法、ご紹介します!

筆者は妊娠中、とにかくトレイが近くなってしまって大変でした。 妊娠初期から...

産前産後は骨盤底筋エクササイズで快適に!骨盤底筋の機能低下や機能異常に注意!

「産後は骨盤がゆがむ」とはよく聞く話ですが、骨盤周りに起こるのは骨盤の歪みだけで...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

頻尿・尿漏れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る