カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. >
  5. 妊娠中に処方される薬…これって妊娠中の体に安全?危険?

妊娠・出産

妊娠中に処方される薬…これって妊娠中の体に安全?危険?

妊娠してるかどうかわからない時期に、うっかり薬を飲んでしまった!もしも、その薬が原因で赤ちゃんに問題が起こったら……!?

 

妊娠すると、いつもなにげなく飲んでいた薬が実は危険なものなんじゃ?と気になってしまいますよね。

 

妊娠中に起こる様々なトラブルの他に、妊娠に関係なく起こる体の不調の改善にお薬を処方してもらう機会があります。妊娠中は服用できないお薬が数多くありますので、病院でお薬を処方してもらう時は必ず妊娠していることを伝えて、用量と用法をしっかりと聞きましょう。

 

妊娠中によく処方されるお薬

・風邪薬

総合感冒薬を処方されることがほとんどです。葛根湯を処方される場合もあります。 

 

・抗生物質

風邪による喉の腫れや、膀胱炎、クラミジアの場合によく処方されます。

 

・花粉症の抗ヒスタミン剤

短期での使用を前提として処方されます。

 

・便秘薬

マグネシウムやハーブ系のお薬を処方されます。

 

・鉄剤

貧血をおこしている場合に処方されます。

 

・鎮痛剤

頭痛や高熱のときに処方されます。

 

・お腹の張りを抑える薬

早産や流産の危険がある場合に処方されます。特に忘れずに飲む必要があります。

 

・つわりのお薬

つわりの症状が重く、飲食が困難な場合に処方されます。アレルギーがある場合は事前に医師に伝えておきましょう。

 

また、妊娠中でも今まで問題がなかったお薬を処方されますが、副作用があることもあります。異常を感じた時はすぐに医師に相談しましょう。

 

漢方薬は妊娠中でも比較的安全に使用できるものが多いので、希望する場合は医師に相談しましょう。妊娠中の症状で困っていることがあれば、漢方専門のお薬屋さんに相談するのも良いでしょう。 

 

ハーブを利用

妊娠経過中のトラブル改善のお薬は必ず飲む必要がありますが、軽度の頭痛や便秘であれば、妊娠中でも使用できる妊婦さん専用のハーブティーやアロマオイルを利用するのも一つの手です。

 

薬はむやみに怖がるものではありません。かといってむやみに飲んでいいものでもありません。

 

薬について心配なことができたら、まず、かかりつけの産婦人科医に相談してみてください。または、かかりつけの産婦人科医から、大きな病院を紹介していただいてください。

 

(photo by[//free-images.gatag.net/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

妊娠中に飲んでも問題はない?サプリの勘違いしてませんか?妊娠中のサプリメントのススメ☆

栄養補助食品と呼ばれるサプリメント。アメリカでは医療費が高額なため、ほとんど...

知っておきたい薬の基本知識☆薬の影響を最も受けやすい時期は?妊娠中に注意したい薬って?

妊娠中に飲んではいけない薬がある事は、ご存知な方も多いはずです。しかし、どんなも...

薬の体験談

妊娠糖尿病と診断!張り止めのウテメリンの副作用でした

妊娠糖尿病の疑いで30週の時に検査をすることになりました。ブドウ糖負荷試験疑いの原因は尿糖(+1)が...

切迫流産の張り止め「ズファジラン」の副作用が辛い

切迫流産になってからしばらくはズファジランという張り止めのお薬を飲んでいました。 飲むと30分くら...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る