カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 切迫流産・流産 >
  5. 自覚症状が無いことが多い!妊娠初期の流産の原因と分類

妊娠・出産

自覚症状が無いことが多い!妊娠初期の流産の原因と分類

妊娠22週未満で胎児や母胎に異常があり、成長できなくなってしまう状態を流産といいます。

流産は12週を境に、早期流産・後期流産と分けられています。特に8週から10週に流産が多いようで、流産の8割近くを占めています。それに比べ後期流産は、比較的少ないようです。 

 

なぜ流産は起こるの?

・早期流産の原因

流産の頻度は、妊娠女性の1割を超えると言われています。しかし、原因の特定は難しい様です。7割近くの流産の原因は、染色体異常と言われています。それ以外の原因は不明です。

 

染色体異常の一つ「ダウン症」は、比較的異常の中でも成長することが可能だったという訳です。

しかし、この流産してしまう染色体異常の胎児は、成長することが出来ない程のなのです。

 

・後期流産の原因

早期流産は、胎児側の異常が多いのに比べ、後期流産は母体の異常によるものが多い様です。

特に多いのが、子宮頸管無力症や子宮の形の異常ではないでしょうか?

 

子宮頸管無力症とは、子宮の入り口がゆるんでいて、細菌感染を起こしたりします。

また、流産をしなかった場合でも、中期から後期にかけて胎児が成長していくにつれ子宮が耐えられなくなってしまうので、処置が必要な病気です。 

 

妊娠初期の流産の分類

・稽留流産

胎児が子宮内で、死んでしまった状態で子宮にとどまっている状態です。

自覚症状はなく、エコーで心拍が確認できない事や、胎児が見えない事で発見されます。

 

・進行流産

胎児や胎盤の組織等が子宮口から流れ出ている状態です。途中に発見されても止める事はできません。

下腹部痛から始まり、出血があるのが特徴です。

 

・不全流産

進行流産で胎児や組織が外に出ていますが、一部が子宮内にとどまっている状態です。

進行流産より継続して、出血があります。

 

・完全流産

進行流産から始まり、もう全て外に出てしまった状態です。

出血は自然に止まります。

 

妊娠初期の流産を防ぐには

妊娠初期、特に妊娠8週目までは自然流産が多く、原因が分からないことも多くあります。

流産が妊娠初期にいかに多いか、そして妊娠初期がいかにデリケートな時期かがわかります。

そんなデリケートなこの時期に、特に気を付けるべきことは何なのでしょうか。

 

激しい運動を避ける

息切れするようなスポーツを避けることもそうですが、普段の生活で重いものを持ち上げることが多かったり、通勤等できゅうな階段の上り下りがある方も注意が必要です。

 

また、妊娠初期は夫婦の性生活にも注意が必要です。

体調と相談しながら控えめに行いましょう。

 

過労を避け、ストレスをためない

ママの疲れやストレスはお腹の中の環境を左右します。

日ごろ仕事をしているママや、すでに上の子がいるママには休息をとることが難しいこともあるでしょうが、赤ちゃんのためにも上手な休息が必要な時期となります。

 

しかし、以上のことに留意してお腹にやさしい生活をおくるためには、やはり早めに妊娠を知ることが大切です。

そのためにも、スマートフォンのアプリ等を活用し、生理日の管理や基礎体温の管理をしておくことをお勧めします。

 

早めに妊娠を知ることで、流産の対策だけでなく、薬の摂取やレントゲン検査を避けるなど、健康な赤ちゃんを産むための対策も早くからスタートすることができるのです。 

 

最後に

流産を起こしてしまった女性は、自分を責めてしまいます。しかし、それは間違いです。

染色体異常の場合は、受精の時点で決まっているからです。

胎児が数々の困難を乗り越えて無事生まれてきてくれるという事は、奇跡に近いということを知って頂きたいと思います。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●【妊娠初期】ひどい腰痛は流産の兆候?

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

切迫流産・流産に関する記事

科学的流産の時期はいつごろ?理由と科学的流産の原因をしりたい!

妊娠してうれしいと思う反面、流産するのではないかと心配な方も多いかもしれませ...

切迫流産で不安…無事に出産する人は何%?必ず流産するわけではない!

切迫流産は、全妊婦さんの15%ほどが経験しているといわれています。 15%...

切迫流産・流産の体験談

【切迫流産・早産】安静ってどうゆうこと⁈

切迫になって、人生はじめて言われた「自宅安静にしてください」の言葉。 自宅安静って・・?どの程度な...

切迫流産!自宅で絶対安静…長い一日の過ごし方&便利だったもの

妊娠がわかって、初めての産婦人科検診から2週間後、生理1日目のような少量の出血がありました。 ...

カラダノートひろば

切迫流産・流産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る