カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 予防食 >
  5. トマトパワーで花粉症予防

アレルギー

トマトパワーで花粉症予防

花粉症予防に効果のある食べ物として、知られるようになったトマトですが、トマトのどの部分に予防効果のある成分が含まれているか知っていますか?

 

炎症を抑えるナリンゲニンカルコン

花粉症の症状を緩和してくれるとされるのはトマトの中のナリンゲニンカルコンという成分です。これはトマトの果皮に含まれる成分で、花粉症に効果のある甜茶などに含まれる有効成分と同様に、抗炎症作用と抗アレルギー作用があるとされています。

 

含まれるのは加工調理用

ナリンゲニンカルコンは全てのトマトの果皮に含まれているものではありません。しかも、一般的に購入できる 生食用のトマトの果皮に、この成分はほとんど含まれていません。ではどんなトマトに含まれているのかと言うと、加工用・調理用のトマトだということです。

 

では加工品を摂取すればよいのか?

しかし、そういうわけでもありません。トマトジュースやケチャップを製造する過程では残念ながら果皮を取り除いてしまいます。皮となると食感も悪くなりますから、ほとんどのトマトの加工品では排除されてしまうのが現状です。

 

加工調理用トマトをそのまま食べればよい?

では加工用・調理用のトマトを皮ごとどのまま食べればよいのかと言うと、そういうわけではありません。なぜならば、実際の研究ではトマトをそのまま食べたわけではなく、その抽出成分を摂取したため、実際のトマトを摂取するとなると、膨大な量が必要になる可能性があるからです。

 

ナリンゲニンカルコンはスギ花粉のみならず、ヒノキやブタクサなどにも効果的で、かなり即効性のある効果を示しているとも言われています。トマトが話題になったからと言って、安易にトマトを摂取しても意味がありません。特に生のトマトは花粉症を悪化させる危険性もありますので、ご注意ください。

(Photo by://www.ashinari.com/2012/05/23-362408.php" target="_blank">//www.ashinari.com/

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-22掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防食に関する記事

和食が花粉症を予防する

  花粉症の増加原因の一つに、食生活の変化があるのではないかと言われています。...

脳にいいだけじゃなくブタクサ花粉症にも効果アリ!青魚が花粉症に対して持つ驚くべきパワーとは

DHAやEPAといった、脂肪酸で注目されることが多いのが青魚です。さばなどが脳...


花粉症予防にポリフェノール!日常生活で摂取するには?

  花粉対策に効果があるとされる食べ物の多くに共通するのが、ポリフェノールとい...

「ミカンの皮とヨーグルト」の相乗効果で花粉症の原因物質が抑えられる?!

近年、愛媛大学の研究で、花粉症の症状を和らげる新たな機能性食品の候補として「...

カラダノートひろば

予防食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る