カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. >
  4. 対処法 >
  5. 首コリから来るめまいに対する鍼灸治療

関節痛・腰痛

首コリから来るめまいに対する鍼灸治療

 

 

 首のコリがひどくなると目まいが起こることがあります。

病院に行ってもきちんとした診断名がつかずに原因不明だと言われてしまった時には首コリからのめまいを疑ってもいいかも知れません。

 

症状

首を回したり反らすとフラっとしたり、肩首コリが酷くなるとフラフラとした感じが引き起こされます。

真っすぐに歩いているのにふらついて片側に寄っていくような感覚が出る人もいます。

 

 

原因

平衡感覚は目、耳(三半規管)、筋肉や腱(深部感覚受容器)、の3つの情報が組み合わさってバランスが取られています。

例えば目を瞑っていても自分の肘が曲がっているのか伸びているのかは分かります。これは深部感覚受容器の働きによります。

姿勢の悪化などによって首と頭を繋ぐ筋肉に負担がかかると、深部感覚受容器に失調が起こりめまいが起きます。

 

 

鍼灸治療

首と頭を繋いでいる後頭下筋という筋肉群に鍼をします。

頭全体にふわっと広がるような響き感があり、肩首コリを持つ人には非常に心地よいでしょう。

 

また、不良姿勢を作る原因になるような個所にも施術をします。

背中や脚など、その人に合わせて負担がかかっている個所を見つけていきます。 

 

 

まとめ

めまいの中には放置していると危険なめまいもあり、そういっためまいは鍼灸治療の適応にはなりません。

非回転性めまいで、運動器が原因になっているめまいでは首コリからのめまいが多く見られます。

 

首の筋肉の奥の方にコリが出来るので、身体の奥まで届く鍼灸治療は効果的です。

 

  

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/10/30-372375.php?category=265)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

東洋医学から見る頸椎症の原因~漢方薬での対処~

  頚椎の椎間板や椎間関節が曲がる、一部が正しい位置にないことによって頸椎症は...

PC作業のしすぎはNG!30分に一度は席を立ってストレッチ&リフレッシュ!

  パソコンを長時間使うという人の中には、首の痛みを感じる人は多くいると思いま...


首の痛みを軽減するストレッチ方法

  首が痛むとそのことばかり気になって仕事が手につかないなんてこともあるかもし...

寝ちがえた! そんな朝にはツボ刺激で痛みを軽減

目覚めたら首が動かない!困った寝ちがいには首のツボ  どんなに気持ちのいい晴天...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る